--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-02-23

硝酸を撃て

硝化菌、おまえがいてくれたから
俺は歩き出すことができた。


酢と酒と…

Polyphosphate Accumulating Organismの餌ですが、残念ながらエタノールでは効率が悪いというのが実情のようです。プロピオン酸が最も適しており、酢酸がそのつぎに適しているとされております。近所のスーパーで入手できるという選択性からお酢以外の選択肢は消えるわけです。

理論的にはエタノールではこの反応は起きないと考えると思うアクアリストはいると思いますが、水槽内には多くの代謝物があり、その中に糖類・有機酸も含まれています。これがYuzoさんの言う“水槽は醸されています”ということです。そのためPolyphosphate Accumulating Organismが増える状況をつくれば、あとは他のバクテリオプランクトンが醸した有機酸を利用してポリリン酸を作ります。

しかし、これでは時間がかかります。そこでEricglassbox-design VSV methodVSV methodは略称)ではVodka、砂糖、酢酸(お酢)が使われています。特にどのお酢を使用しても問題ないようですが、最適化のためには今後、研究の余地があるでしょう。

参考までに私はマルカンの米酢を使用しています。まろやかですっぱすぎず、甘みを感じせるところがPolyphosphate Accumulating Organismの好みだと思います。

というか、味醂の方が良いのかな?
糖類も多く含まれているし、アミノ酸も18種、そして有機酸も豊富。
SM method(Sake Mirin or Su Mirin)とでも銘々しようかな。
西アクア界で1,2を競うほど酒に詳しいYuzoさんとだにさんにお聞きするとどうも旧式本味醂がはぜっていてよいらしいです。しかし、スーパーでは新式本味醂しかないですよ。
はぜるとでんぷんが糖になって、蛋白質はアミノ酸になるのでバクテリアとサンゴは喜ぶとYuzoさんは言っていました。
SM methodはD.I.Y.のだにさんに試してもらいたいと思う今日この頃。

さて、VSV methodについて実験ですが。
XEOvit水槽とは別の水槽、硝酸が検出されていた水槽で実施しました。
ろ過そのままで水槽変更の際にVSV methodを導入。
それから数週間。水質測定すると

レッドーシー測定キット使用
硝酸 0 ppm
リン酸 0 ppm


同じ試験液に他の水槽の水を入れたところ濃度が上がったことが確認できましたので、各試薬には問題ないと思えます。

今後の注目点はいつまでこの測定キットでリン酸が 0 ppmを維持できるかということです。本来はもっと良い試薬でいくつまで下げたか見るべきかもしれませんが、LPSの飼育では下げすぎは良くないので、興味範囲外です。私の飼育生体にとっては、レッドシーの0 ppmで十分です。
ニセスズメとグレイテールエンゼルのいる水槽なので毎日餌をあげています。3ヶ月間維持すればよいと言えるでしょう。
というか、3ヶ月試したら、他のシステムを試させてください。お願いします。複数の水槽を維持するのはとても大変なのです…。

さて、これほど良いバクテリオプラクトンシステムですが、各システムともに、適当に真似するなり、部分的に取り入れて失敗しているアクアリストを多く出しています。私自身、Vodka methodでは2つの水槽を壊滅状態に追い込みました。2つ水槽で失敗して、3、4つ目の水槽ではうまくいっています。こっそり真似して成功している者はネットで書かないと思うので、決して失敗者の方が多いというわけではないと考えています。ネットではどうしても賞賛ネタよりも批判ネタの方が注目されますし、書き込みが多いです。

VSV methodについて、開発者のEricが“経験豊富なアクアリスト以外勧めない”と言っています。実施する人は注意するにょろ。

作注)
glassbox-design VSV method
上級者以外は行うべきではない方法。私もまだ始めたばかりなので、なんとも言えませんが、硝酸もリン酸も低く抑えることができます。現在処方も独自改良中。2009年冬詳細開示予定。質問は一切受け付けません。理論上Vodkaよりも効率的。実際、類似の方法で行った過去の結果から、酢酸によるリン酸濃度低下の結果は短期で確認できます。(別の目的で行なった実験のため非公開データ)

SM method
VSV methodの日本文化アレンジ版。放浪の荒鷲だに卿がやってくれると期待しています…。

D.I.Y.

正式名称は“自作アクアリストユニバース”。ナチュラル皇帝から“物真似し、コストパーフォマンスを追及した為に性能の劣る欠陥器具に堕している”と批判されている民主主義国家。中華還元連邦と同じく、神聖ナチュラル帝国と対立する二強国の一つで、自作大国アメリカに領土を持つ。中国・四国租界で神聖ナチュラル帝国と激戦を繰り広げている。

参考文献)
東京大学大学院新領域創成科学研究科社会文化環境学専攻 佐藤弘泰准教授の”生物学的リン除去プロセスについて”
http://www.mw.k.u-tokyo.ac.jp/hp/satoh/EBPR.shtml
glassbox-design.com
http://glassbox-design.com/2008/achieved-through-observation-and-experimentation/
Eric Michael
Yuzo
だにさん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

('◇')ゞラジャ
女性経験は少ないですが・・

男子女子男子女子交互に醸せ

醸すぞ…

間違っているぞ
その件は全く関係ない。

酢酸ですか?

遠い昔に 嫌気タンクにエタノールの添加は やっていた事がありますが 酢酸を知っていれば面白い結果が出たのかな? 

酸素がなければ硝酸を食べる。

狩人さん。

リン酸を測定していなければ、酢酸を入れても結果には気づかなかったと思います。Vodkaも同じ、私はリン酸除去のために検討していましたが、ほとんどの人に言わなかったし…結果、多くの人が硝酸除去と思っていたと思います。

もしくはリン酸除去による弊害のKH低下に目が行くのではないでしょうか。

この酢酸には非常に興味がありますが

水量に対して どれくらいの添加量で回しておられますか?

>もしくはリン酸除去による弊害のKH低下に目が行くのではないでしょうか。
これ事実でしょうか?
RCでKHが下がる、下がらないの議論を見たことありますが、結論がなかったような。もしくは、影響ない範囲の下げ、が結論だったような。
CHOならなんでもよい?

EricのMethodですが、Matrixがどうのこうの言ってませんでしたか?違うところかなあ?

測定不能

狩人さん。

測定できないぐらい少ないです。ほとんどの人は過剰にして水槽崩壊させるでしょう。リン酸濃度が1ppm以下なので…必要量もごくわずかです。

TAKAさん。

カルシウムリアクターを止めないと下がるのはわかりません。カルシウムリアクターつけていたら、影響ない程度になるでしょう。なければ影響ありです。この点添加剤で管理している方がわかりやすいです。

Matrixはいろいろ意味があるのですが、Ericのところで見たことはありません。バクテリアのMatrixの話ならば、ポリリン酸を蓄積する層の話かもしれませんが…アクアリストがそういう話題をするとは思えません。

Tetsuoさん、
魚水槽では、KHを気にしなくてよいと思いのでいいですね。まあ、魚水槽でそこまで低栄養塩環境にしなくてよいと思いますが。

Matrixですが、Ericのとこじゃなかったんですね。私が読んだのは、多孔質なのでZeolithの代わりになる、というものでした。当然、イオン交換によるアンモニウム除去は期待できませんが、Matrixを同じように筒状のリアクターに入れることにより、そこにバクテリアを湧かして栄養塩を低く抑えることができると。当然、Zeolith自体から得られる効果は期待できませんが、かなり効率的だと聞きました。
ポリリン酸をメンションしたアクアリストは見たことないです。

多孔質はバクテリアの巣

TAKAさん。

>多孔質なのでZeolithの代わりになる、というものでした。

狩人さんが、スポンジろ材をあげていますが、お書きのようにzeoliteの効果は得られません。私自身比較のために、スポンジ(化学系)、麦飯石(天然系)として比較を行ないましたが、zeoliteのような効果は得られませんでした。

しかしながら、上記のものは使わなくても硝酸塩とリン酸は下がります。Vodkaでリンが下がるのが遅いと思えば、酢酸に切り換えればよいわけですし。硝酸を下げたければ砂糖よりもVodkaになります。こちらで管理した方が早く、特にろ材は必要ないと考えます。

もちろんzeolite、麦飯石etc…とろ材以外のメリットがありますので、私も別の水槽で使用していますし、これらの物質は硝酸塩やリン酸が高くても十分効果を発揮しています。xeoliteの水槽はリンも硝酸も高いけど、ああいう結果は出ています。

もちろん、現状のZEOの説を否定するためにああいう水槽にしたわけで、硝酸が検出できる水槽はお勧めしません。笑。

Tetsuoさん、
ZeovitシステムでZeolithを使用する目的は、イオン交換と褐虫藻のコントロールと考えてよいですよね?
バクテリアの繁殖だけを考えると別にZeolithもいらないし、他のろ材もいらないと理解しました。
低栄養塩環境だけを目指すなら、ただ単に水素供与体を入れるだけでよく、別にZeolithや他のろ材はいらないのですよね?

サンゴの餌は?

TAKAさん。

>イオン交換と褐虫藻のコントロールと考えてよいですよね?

はい。

>低栄養塩環境だけを目指すなら、ただ単に水素供与体を入れるだけでよく、別にZeolithや他のろ材はいらないのですよね

はい。ただ、あった方が低硝酸・低リン酸に短期間でなります。

が、本当の意味で他の微量元素の濃度を下げ、低栄養塩にしたいのなら、zeoliteなどを使った方が良いです。

酢酸にしてもウォッカにしても 一番大切なのは添加量と考えれば良いですか?

この添加量を掴めば 特別機材もなしで この添加だけで 硝酸塩、リン酸塩の同時除去ができると理解していいですか

あ、もちろんスキマーは使うと言う事で

ありゃりゃpurodibio使っていたのですか?とんだ勘違いでした、ZEOの中に硫黄Caを使っているのだと思っていました、とんだ勘違いでした(笑)

これなら実験するのも簡単で良いですね、私もやらせて頂きますね、今までこれが目標にしていたシステムのような気がします。

ZEOは使用しないですが。

狩人さん、
Tetsuoさんの返答は違うかもしれませんが、私の経験を書きます。
ウォッカ添加では、添加する量が難しいです。水槽によっても違います。ただ、ある程度のガイドラインはあります。
私の水槽では、スキマーだけでウォッカを添加して、硝酸塩・燐酸塩共に一般試薬では検出できないレベルです。この水槽は、水換えなしですでに2ヶ月以上たちます。餌も毎日冷凍餌を2キューブほどあげています。生体は少し少なくチョウが2匹です。

TAKAさん

ウォッカの件は TAKA さんのページも見させて頂いておりました

状況を見ながらの微調整が結構大変だなと思ってたところです

ある程度添加量に許容の幅があればと思うところです

少し、「これかっ」と思うページを見つけました

アクアとは関係ないですが

http://www.res.titech.ac.jp/~junkan/japanese/cellulose/index.html

ここで最後の図3を見ると
酢酸菌がグルコースからセルロースを作る過程にリン酸が含まれてます

原理はこれですか?

酢酸菌が糖類とリン酸からセルロースを作り 作ったセルロースをスキマーで除去する

全然違うかな?

すごいですね、これ良いですよ、と言う事は酢とパイナップルジュースで試してみましょう。

激闘!!

いい感じでもりあがっています。
是非、このままでお願いします。
本ブログはこういう書き込みを待っていました。

狩人さん。

過剰添加すると沈殿させ、狩人さん期待の沈殿除去できるのですが…そこまで急激にバクテリアが増えると水槽内の生体が酸欠で壊滅するのです。そのためスキマーが必要で、バクテリア量もコントロールして浮遊性にとどめるのです。生体を殺してまでリン酸除去したいのならば、高度処理同様に添加されれば、論文どおりの結果を得られます。普通の水槽なら一日お酢(5%酢酸と仮定)、しずく一滴くらいでよいです。バクテリオプランクトンシステム全般に言えることですが、古い水槽ほど問題が起こりやすいです。

>酢酸菌がグルコースからセルロースを作る過程

これとは違う仮説、ポリリン酸説をこちらでは取り上げています。が、もしかして、上記の反応(セルロース産生)が起こっている可能性はあります。

warioさん

>ZEOの中に硫黄Caを使っているのだと思っていました

それはないです。笑。その方法はコストが高いし、長期維持では面倒なことが多いのですよ。でもその点は公然の秘密になってるのかなぁ…

市販のジュースは香料が配合されているのでやめた方が良いです。これはVodkaシステムでも触れられており、香料は危険とされています。また、ジュースの保存料の一部はあまりよろしくありません。

TAKAさん。

まぁ立ち上げた水槽なのでまだ良いと思いますが、13艦隊司令官ユゥ・ウェンリーが危惧しているのが、Vodkaの公知で、日本でモナコ水槽がはやった初期の時代のように水換えをしない人がでることです。この手のシステムは毎週水換えを推奨しています。水換えをしなければブレイクがきて一部の魚やサンゴが死にます。他の生体に異常がないので、ほとんどの人が原因不明と書くことになると思います。そのようなことを防ぐために、今回は方法論よりも、理論や機序を先に書いています。方法を先に書くと失敗する人が続出すると思うにょろ。

Vodka methodの一例はすでにTAKAさんが書いていますので、興味あるアクアリストはそちらでどうぞ。こちらは別の例を後日紹介しましょう。

というか、失敗からのリカバリー法を先に書いた方が良いのかな…。

やはり週10%水換えですか。。。
サンゴの餌は何にしましょうね。アミノ酸が一般的のような気がしますが、他のものも試したいですね。

ひょっとして 酢を使うと良いのは 酢酸を添加する事よりも 酢に入っているであろう酢酸菌の添加に効果があるんだろうか? という空想をしてみました

吸収すべきは

TAKAさん。

ある種のサンゴやある種の魚はこのような環境に弱いし、ある病気が出るのですよ。もちろんその手の生体を飼育しなければそれなりにシステムとしての延命ができます。でも経験者にはその手の小細工はすぐにバレるにょろ。

サンゴの餌ですが、Ericはプランクトンなどを餌に使うとリン酸が高濃度になるので、アミノ酸を使った方がその弊害がないとしています。

私の場合は吸収の効率が良いという考えでアミノ酸を使っています。あとは、はじめの仕事でアミノ酸の研究をしていましたし、その後の仕事でもアミノ酸と皮膚細胞の関連性について研究していました。アミノ酸の知識があったので昔からアミノ酸を好んで使用しています。

菌に関して学びたければ、ユゥ・ウェンリーは“もやしもん”を読んで勉強しろと言っています。味醂について相談したときには“7巻読みましたか?“と怒られてしまいました。
雪風さんや、最近は見かけないとある有名アクアリストも“もやしもん”を読んでいます。

水槽を醸す理論を学ぶなら、一番良い本にょ…にょろ。

醸すはてに

狩人さん。

酢酸菌はエタノールと一緒に添加したあげた方が増えそうですね。

私が書いていることも仮説なので間違っている可能性は高いです。ご自分の考えを書き込んでください。

ということは

酢とウォッカ

あるいは warioさんからの提案ですが味醂


このあたりで 一度実験してみようと思います

単なるプラケースにリン酸塩の濃い水を入れてエアレーションだけで やってみようと思いますが 他に何か必要なものはありますか?(濾材が必要だとか、種バクテリアが必要だとか)

狩人さん、
私見ですが、スキマーをつけてバクテリアを濾し取らないと正確な測定ができないような気がします。バクテリアがリン酸などを吸収?するだけで、分解はしないと考えます。
あと、スキマーがないと直に白いバクテリアが湧いてしまいます。

TAKAさん

そうですね スキマーが有ったほうが良いですね

ただ、測定前にしばらくエアレーションを止めてバクテリアを沈殿させるとか、スキマーに泡が上がる状態になれば単なるエアレーションで水面上に泡が沸きあがる筈なので その泡を除去しながら進めるとか方法は有る様に思います

不足に感じれば マメスキマーを作る事は容易い事なのでやってみます

まずは手始めに という感じで考えてます

狩人さん
私もスキマーは必須だと思います。
以前、私がアルコール添加したときmリンが下がらなかったのは、スキマーなしでやったためと思います。(スキマー付きの水槽では元々リンが検出感度以下だったし)
やり方は、Knopさんの「CORAL 2007、Vol.4,number5、P59~60」に載ってます。
酢でやるなら、ここに載っているVodkaのアルコール量を1.5倍した酢の量で行えば良いかと思います。
なお、この手の添加剤を使ったとは、Dinosなどの渦鞭毛虫の大繁殖リスクが増すと思います。
水槽でやるときにはご注意を。
微量にケイ酸を加えてやると渦鞭毛虫繁殖を防げるかと思いますが。

スーリンさん

ありがとうございます

>この手の添加剤を使ったとは、Dinosなどの渦鞭毛虫の大繁殖リスクが増すと思います。
水槽でやるときにはご注意を。
微量にケイ酸を加えてやると渦鞭毛虫繁殖を防げるかと思いますが。

副作用も考えないとと言う事ですね

>やり方は、Knopさんの「CORAL 2007、Vol.4,number5、P59~60」に載ってます。

これは英語の本じゃないですか?・・・・英語読めないんです(汗)


狩人さん、
スーリンさんがおっしゃっている記事のVodka添加法ですが、私のブログで紹介した方法とほぼ同じです。こちらの記事のほうが少し様子見期間が短いような気がします。
Vodkaやそれに似たものを添加するときは、水槽内に怪我をした手などを入れないように気をつけてください。この記事内には、敗血症で病院送りになったケースもあるようです。
有害なバクテリアが湧く可能性が十二分にありますので。
これがZEOvitシステムでも可能性があるのか知りたいところです。

TAKAさん

>Vodkaやそれに似たものを添加するときは、水槽内に怪我をした手などを入れないように気をつけてください。

なるほど

病原菌の培養にもなる ということですね


>私のブログで紹介した方法とほぼ同じです。こちらの記事のほうが少し様子見期間が短いような気がします。

もう一度 記事をゆっくり読ませていただきます

ありがとうございます

醸しと死と

スーリンさん。
TAKAさん。

情報書き込みありがとうございます。

>これがZEOvitシステムでも可能性があるのか知りたいところです。

同じバクテリオプランクトンシステムですから可能性はありますが、その可能性を下げるための対策をZEOvitシステムはとっています。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。