--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011-02-13

ライト オブ コーラル

何が蛍光灯だ。
あんなのを珊瑚飼育照明と思っていたなんて、身震するほどの屈辱だ。
…残念だよ。
蛍光灯が情報に忠実ならば、あの場で廃棄させて始末できたものを…。
ふん、これからおまえが便利な駒になるのなら、もう少しそばに置いてやってもいい。
しかし忘れるな。
おまえは珊瑚飼育照明の偽者でしかない。
最高の局面で使うその日まで…
…せいぜいつかの間の照明ゲームを…。
 



Light

蛍光灯でSPSが飼育できるのか?

多くのアクアリストが疑問に思っていることでしょう。
1年未満なら多くのSPSが蛍光灯で飼育可能です。

しかし年単位で飼育するとなったらそれなり工夫が必要です。

例えば、太陽光が入るように窓際に設置したり、
室内照明をハロゲンなどにしたり、
ハイパワーLEDを使うなどです。
このブログに出てくる水槽はLEDオンリーで飼育しています。
太陽光の影響も考慮して、太陽光が差し込まない、部屋の奥に水槽を設置しています。
太陽光が直接差し込んでいたら、LEDだけで飼育しているなんて言い切ることはできませんので。

という小技は置いておいて…本当に蛍光灯だけでSPSは飼育できるのか?

答えは“できます”。

現にそういう水槽はあります。
ミドリイシやウスコモンを蛍光灯下で飼育している水槽をジュリアンは紹介しています。
その水槽は2011年の流行なT5ではなく、普通の蛍光灯でです。

条件としては低栄養塩を保たなければなりません。
栄養塩が高いと光の重要性が増すからです。
そこで光への重要性を下げるために栄養塩を下げます。
できるだけ外部依存性を高めるためです。

Acropora nana

そして餌を多めにあげること。
ZEOvitでいうCoral VitalizerとSponge Power, ZEOfood7他になるでしょう。
これらを添加します。

そして、SPSの個体は陰になっている場所や、深場で採集された個体を選択することです。
これは褐虫藻の特性などが異なるからです。
暗さに適応している個体を選ぶというのがポイントになるのです。
種の選択も大切ですが、共生している褐虫藻を選ぶという意味でもそういう場所に生息していた個体を入手するべきでしょう。
ショップの水槽の隅で長期間維持されている個体を選択するのも良いです。

こういう暗所に適応したSPSを繁殖したり、販売したりするのが次世代のアクアショップであり、
こういうSPSを弱い照明で飼育するのが、次世代の飼育スタイルのひとつでしょう。

Australomussa rowleyensis

照明が弱ければ、魚の背中も焼けません。
廃熱が少ないので水温も低く保て、夏場の電気代も節約できます。


おっと画像はZEOvit水槽の珊瑚なのでLED飼育です。









ZEOvitは透明性をあげるだけではありません。
栄養塩と照明のつながり。
これがZEOvitとT5のつながりの鍵のひとつにょろ。

参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005,
Yuzo
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Be忘年会、やどかり新年会の際、
図々しく質問させてていただいているものです(__)

栄養塩と照明のつながり。
これがZEOvitとT5のつながりの鍵のひとつにょろ。

これって、LPS飼育における、
照明と栄養塩、褐虫藻の働きでも同じ
と考えていいのでしょうか?

オオバナの共肉の痩せてくるのを止める、
もしくは痩せてこないようにする方法は、

褐虫藻に適合した照明を正しく用いること

ということなのかなぁと。

照明変更によるダメージを受けたオオバナですが、
変更前の照明に戻しても、状態があまり好転してこないので
どうしたものかと悩んでます。

一番心配なのは、今調子がよさそうに見えるオオバナが、
実は少しずつダメージを受けていないかどうか。

変更前が

PL管蛍光灯+メタハラ

でしたので、もともとうまくいかない要素というのも
持ち合わせていたのかどうかというのも悩みどころです。

ちょうど、蛍光灯は微妙っぽい下りで、
今回の記事が始まっていましたので(__)

LEDを上手く使いこなせませんので、
ほんと照明は悩みます。
調光のあるLEDなら、上手く使いこなせるのかと、
少し期待はしてるのですが。。。

あと、共肉の痩せが照明によるものであるのなら、
以前Twitterでつぶやいておられた

タンパク質の構成の働きを助けるヨウ素の添加

も共肉の痩せを防ぐもしくは復活させるのに
重要な要素になるのかとも考えてるのですが、
これも全然間違ってますでしょうか(汗)?

上手く聞けていない&ポイントがずれまくっていたら
すみません(汗)

恥ずかしいので非公開でコメントしようとしたら、
受け付けてもらえませんでした(^^;

♪shinさん

返事おくれました。
申し訳ありません。

私の経験では照明&栄養塩&褐虫藻の関係に関してはLPSも同じじだと感じでいます。
オオバナでも種?の違いか、もともと膨らまない系もいますが、今回は議題をもともと膨らむ系の個体とします。

使い始めの器具はやはり情報が少ないのでうまく使いこなせなくても当然かと。
やはり情報の多い器具の方が使い易いと思います。
長い歴史の蛍光灯はやはり使い易いです。

調光のあるLEDと言っても波形に関しては、やはり蛍光灯よりも遥かに自然の太陽光から離れます。

技術的に、一般アクア製品の波形(照度ではありません)でいうと
太陽>蛍光灯>メタハラ>白LED()>LED素子のみ
という感じになります。
右に行くほど太陽光から離れた波形になります。
個人レベルのDIYではLEDはメタハラ以上の波形になりますが、まだ市販化されていません。
また、鑑賞面でプラスの面もあればマイナスの面もあります。
好みになります。
繰り返しになりますが、これは照度の話ではありません。
誤解しないように。

ヨウ素とストロンチウムはLPSの共肉のふくらみにとても関連しています。
ヨウ素は共肉の表面の厚み、輝き。
ストロンチウムが骨格からの共肉のふくらみ。
と考えた方が目視では確認しやすいと思います。

ストロンチウムがややこしいのは温度と光条件によって骨格に利用されるのか共肉に利用されるかが、異なることです。オオバナでどうかという測定データはありませんが、温度は低めの方が共肉利用され易い印象があります。

稀に水槽内のヨウ素、ストロンチウムが低下しないという意見がありますが、
1. 良質の人工海水やリアクターメディアを使用しているので既に過剰な濃度にある
2. 測定方法に間違え(水槽内に阻害物質が多い)
3. 珊瑚に適切な照明条件、水温でなく珊瑚が利用できない
etc…
ということが考えられます。

微量元素の補正とし、システム面の変更としては
底砂を11cmくらいにするか、小型のカルシウムリアクターを設置して、メディアをARM(小粒)にするなどのシステム変更も有効かと思います。

その微量元素を珊瑚がどう利用できるかを決定するのが照明と温度です。
特に照明は特定の波長が微量元素の取り込みに関連していることがわかっています。
これが照明の種類によって成長・形状が異なる仕組みです。

LPSの痩せを改善するには栄養塩が低すぎる場合は、微妙に高めるとふっくら感がでる場合があります。高めすぎては駄目ですが…レッドシーのテスターで硝酸塩が微妙に色つくかなという方がベストの場合もあります。リン酸は種によって異なるので断言できませんし、高くてもオオバナは咲いていた記憶があります。

共肉がはげていくのを治癒・改善するのはストロンチウム+αが効果的でした。これは添加剤でなくても、カルシウムリアクターの設置とARMのメディアでのストロンチウム補充も有効です。

栄養塩の補給に微量元素…とくると水質ではなくて、餌で直接補給という方法もあります。今はLPS用の餌が出ていますので、市販の餌を週に1-2回長いスポイトで与えると方法が良いでしょう。私なら、その餌をストロンチウムとマグネシウムで湿らせてからオオバナにあげます。

この返信の内容も、知らないことだらけで
ほんと勉強になります。

LEDは、波形と照度を理解していませんでした。
調光機能があっても、おっしゃられている内容で考えると
やはり使いこなせないなと。
波形という話で考えると、照明ブームで国産の良い蛍光灯が出てくれるか、
もしくはメタハラを超える波形のLEDが出てくれないかなぁと期待してしまいます。

ストロンチウムとヨウ素の共肉への働きの違いも
今回初めて知ることができました。
ストロンチウムは入れておけば共肉の剥がれの防止になる。
という認識しかありませんでした(__)
サンゴには必要不可欠な微量元素という認識はあっても、
実際にどう影響するかというつながりが抜けていました。

照明と温度がなぜ重要かという点で
微量元素がどのように使われるかが決定される
も初めて知りましたので、
相談させていただくたびに本当に勉強になります(__)

LPS用の餌は私も使っていますので、ストロンチウムを
これからは含ませて与えてみるようにしてみます。

本当にありがとうございました。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。