--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-10-30

モバウツボ

Gymnothorax richardsoni
Gymnothorax richardsoni
Gymnothorax richardsoni

学名: Gymnothorax richardsoni (Bleeker,1852 )
和名: モバウツボ
英名: Richardson's moray
画像個体全長:10cm
太平洋、インド洋に分布。
大阪府のルクールから入手

小型種で大きくなっても30cm。
沖縄便で入荷することが多く、輸送状態も良く、餌付け易い。
浅瀬の岩場に生息し、日本では沖縄のアジモの生息場所で多く見られることから藻場ウツボという名称になったのであろう。
別に藻食ではない。
けっこう大きなものにも食いつくので、やはり混泳には注意が必要。
柄はウツボ柄というかなじみのある柄。
ウツボとは模様のコントラストが弱く不鮮明、全体的に、やや褐色がかって見える。
頭部の形状と生息環境、頭部に対する胴の長さなどもウツボと違う。

小さな個体ですが、テトラのクリルも丸ごと食べる。
お値段も安く、30℃の高水温はもとより、18℃の低水温でも耐えられるので小型水槽での飼育種としては最適。

浅場のタイドプールにも生息しているので水質変化にも強い。

キューブ水槽の高さの1/3-1/2程度の水を入れ、フィルターを入れ、ふたをすれば良い感じ。照明は必要ない。
水換えは餌量によるが、週に1回程度ならば2-3ヶ月に半量交換で十分。

クモウツボと双璧をなす入門者向けのにょろと言える。
海のギャングというウツボというウツボを飼育したいアクアリストにはこちらの方がお勧め。
クモウツボはどちらかという熱帯魚という色彩にょろ。

水槽内でのモバウツボ。
Gymnothorax richardsoni
右側のヤドカリと大きさを比較するとサイズがわかるかと思います。
Gymnothorax richardsoni



スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

モバウツボ

こんばんは!ルクールで買われたのですね!私もルクールに直接買いに
行きました。結局買ったのはクリオネでしたが。
モバウツボを見ていると田ウナギを思い出しました^^

Re: モバウツボ

♪ミニミニさん

ルクールは珍系が多いので楽しいところです。
1cmのオレンジストライプバスレットも入手しましたが、水槽で行方不明にょろ。
モバウツボは元気ですが、小さいので混泳相手に悩みます。
他のウツボに食べられてしまいますので。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。