--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-02-28

ウツボ不明種

ブラックリボンイールの名で売られていたにょろが、14cmくらい。ここまで大きくなりました。
Unknown

Unknown

もう明らかにリボンイールとは別種です。
頭部にもうっすらと模様が出てきました。
Unknown
成長させて違いを確認する。

自然下の定点観測ではいつのまにか個体が入れ替わってしまう可能性があります。
しかし、水槽ではそういうことは少ないです。

これはアクアリウムの一つの楽しみ方です。








…というのは嘘にょろ。

前のちびは行方不明になりました。

この個体は12月にB-BOXで購入した個体です。
ウツボ sp.で販売されていました。

黒地に鰭が黄色に縁取られています。
まず同一種でしょう。

餌付けは容易。
クリルを喜んで食べます。
同じサイズのアナゴとも仲良くやっています。

ちょっと温和しめのにょろ。

ですが、またも行方不明。
脱走能力が高いのか数ヶ月で水槽から神隠し。
もしかして飼育困難種?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

蛍光グリーンがカッコイイですね~
成魚になってもこのグリーンが残るなら
凄く渋い魚になりそうですね
ウツボ達をどのような設備で飼育されているのか気になります
コレクションするとなるとかなり設備が必要になりますよね?
効率の良い管理方法とか教えていただけれると有り難いです
脱走防止はカンテツ(関東建鉄)さん等のボルト締めアクリル水槽の成績が良かった記憶が有ります
ボルトが錆びそうなのがネックですが;
蓋に重しをしても飛び出すハイギョ飼育にはかなり効果的でした
頭で蓋を押し上げてる姿を目撃した時は
思わず「うぉぉぃ!?」と言ってしまいました(笑)

野宿したら補導される…

♪sebaeさん

今まで入荷されていないことから、小形種のように思えます。
それほど大きくはならなくなりそうですね。

ウツボ飼育ですが…適当…。

やはり拒食がひどいです。複数飼育しているといつの間にか拒食になります。ので単独が推奨ですね。うちでは無理だけど…

30cmキューブに底砂、e-roka、室温でガンジスクロウツボ。
60cm規格に底面ろ過、水面にPH。ヒーターで23℃。ジュエル、ヒメウツボ2匹。
Ecosystemの層でリボンイール、アナゴ。24時間照明です。

やはり蓋が必須ですね。観察しているとフランジなんて簡単に乗り越えています。
ただ、ハイギョはもとよりポリプテルスなんかよりもパワーないです。
蓋をして、餌缶でも上に置いておけばよいでしょう。ただ、上記の魚よりも小さな隙間から出てしまうので、隙間に対しての警戒の方が大切です。水位を下げるのは有効で、キューブ水槽のようなもので水位を半分にするのは有効です。

隠れ家は必須です。そこでできれば大きめのサンゴ礫と塩ビを組み合わせるとよいでしょう。
ただ、種によってパターンが違います。ヒメウツボのように自分でサンゴ礫を運んで巣をつくるタイプは放置でよいです。
ジュエルのようにそういう器用なことができないタイプは塩ビの大きめ配置です。
また、一部の種はジョーフィッシュのように上の出口がある方を好みますので、そういう塩ビパイプの配管をします。片方の出口にL字かT字をつければ良いです。初めからウツボ水槽を作る場合は塩ビで上向きに出口を作ったものを沈めます。上に通気口のあるプレナムという感じです。その上のサンゴ礫をかぶせて、出口だけを出せば砂から出せば、ウツボは喜び、その穴に隠れます。これは砂地に生息する他の魚にもレイアウト維持のために有効な小技です。

硝酸、リン酸は気にしなくて良いし比重変化にも強いので、餌量にもよりますが、水換は年に2回で十分です。

身体が柔軟なので小さい水槽でも飼育は可能に思えますが、どうも狭いと拒食になりやすいので、あまり推奨はできません。

水換えがそれほど必要ないと考えるとキューブ水槽を並べて飼育が楽でしょう。

種類によっては温帯種なので、一個おきにヒーターを入れ、間の水槽は温帯種を飼育すると良いでしょう。
水換えという感覚よりも水槽リセットという感じの管理方法が簡単だと思います。

小分けにする場合は隣は見えないようにするべきです。

返信頂きまして有難う御座います
非常に勉強させて頂いております
設備的にはマダコ等を飼うような感覚という印象を持ちました
底面フィルターに靴下の中に砂を入れてエアーチューブ差込口に重しをしてという飼い方を昔していました
想像よりも小型水槽、あとメンテも頻度少なくいけるというのは驚きです
ウツボ飼育再開しようかと揺れてしまいます
tetsuoさんの記事をきっかけに色々調べてみたのですが、汽水ウツボにもかなり面白い種類が多いですね
ガンジスクロウツボもそうですが、ヤマウツボやジュエルモレイに近い色彩のも見かけました、こうやって改めて見ると非常に魅力的な魚だなぁと思います
ただ取り扱い量が少ないですね
気に入った個体を見つけるとなるとかなり苦労しそうです

枢木神社にもあったんだ。

♪sebaeさん。

汽水ウツボはお手ごろ価格な上に未記載種も多くマニア心をくすぐります。
注意点はショップでのストック状態、比重を必ず聞くことです。
比重があいまいなので、間違えると数日で…
ジュエルモレイ似。ポルカでしょうか…あれは純海水に適応できるようで、爬虫類で有名な富永氏が海水飼育をされていました。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。