--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-11

波 の 真実

おれは波に会うまでずっと死んでいた。無力な光のくせに生きれるってうそをついて。波のない水槽なんて、ただ生きているだけのサンゴなんて、緩やかな死と同じだ。

ヒラムシ on オオタバサンゴ
初見のヒラムシの一種。文献を調べて同形状のものを確認できず。激珍種と判断。光合成依存系。LR上は移動できず、ポリプや共肉の接触したサンゴ間を移動し、増殖します。わずか1週間オオタバサンゴ同士を接触させていたら感染しました。1個体は6ヶ月以上飼育しており、ヒラムシが害を与えないのは確認済み。簡単にコントロールできるので、模様と考えとくに駆除はしません。希少種はいつ全滅するかわからないので大切にしませんと。この水槽でのヒラムシは2種目確認。1種目はコペポーダ食だったので駆除しました。

波の続編的になるのかと思う人もいるとは思いますが、書き手側としては光の話なので延長ではなく、全く別の意図で書いています。

また、システム論ではないと思うかもしれませんが、私としてはベルリンシステムについての理論として書いています。なんで日本式ベルリン?は良いのか、それを文献を元に説明しているということです。

実際SPSを状態良く飼われているアクアリストはこういう面をきっちり抑えているのでしょう。

と解説的言い訳文章を冒頭に書いて、今日の本題。
グリッターライン
以前はメタハラでつくる波面の輝きに惚れてメタハラを導入するアクアリストは多かったですが、ここ数年、LEDでこの波面をつくるアクアリストも増えました。私もその一人でリーフタンクを立ち上げるのにLEDだけで10万円以上投資しました。

価格無視で書くと個人的にはレコルトの一番古いタイプのブルー球が良いです。独特の色合いで、これと同色はそれ以降出ていません。残念ながらこの球は廃盤です。コストパフォーマンスで言えばJUNのLED製品群がお勧めです。

では光についてちょっと勘違いをしやすいことについて今回は書きます。

水面と水中の照度はどちらが高いでしょうか?

もし、一時的にでも、という条件ならば、正解は水中です。
波は直進光下ではグリッターラインをつくります。グリッターラインとは水面にできる光の模様のことです。科学的には別の名称を用いるべきですが、今回はThe Reef Aquarium Vol.3にのっとり、アクア用語を使わせてもらいます。

直進光はメタハラや指向性の強いLEDを使用します。
このグリッターライン上での光は増幅され強くなります。しかし、これは一時的に強いものなので、実際には光は強弱のある波のような波形の強度となります。ジュリアンらによると、2倍の強度の光にもなるそうです。もちろんのことUVも増幅されます。

ところが水槽での実験では自然界ほどの増幅を望めません。これは作られるレンズ(波)の形状にあると考えられています。

また、測定間隔が短ければ、短いほど、よりこの増幅差は大きく取れるはずです。このグリッターライン効果の光の増幅は5から20ms(ミリ秒)と言われているほど短いです。本来はこの間隔よりも短い単位で測定すべきでしょう。

しかし本当に重要なのは、測定される照度とはちがうのではないでしょうか?

トゥーネンの報告にあるように重要なのは照度の変化ではないでしょうか。特に水深が深くなるにつれ、この増幅が大きくなることが確認されています。(MA50号MACNA-XX講演レポート参照)

ではこのレンズ、どの深度に集光されるかというと…単純計算ではリンチとリビングストンは波の間隔の5倍すれば良いとしています。例を下に書いておきます。

3cm間隔の波
集光深度15cm

5cm間隔の波
集光深度25cm

7cm間隔の波
集光深度35cm

10cm間隔の波
集光深度50cm


波のつくる光の強度について考慮しながら、水槽内に配置したサンゴのために波をつくるとよりベテランの水槽に近づけるのでしょう。

今回は以前のスーリンさんのコメントを元に書きました。
スーリンさんのコメント内容とは異なりますが、生体内反応に関してはまた後日。私はまだまだ勉強不足なので、もっと勉強してから書きます。


参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005,
Lynch, D.; Livingston, W. Color and Light in Nature, Cambridge University Press, 254, 1995,
Riddle, D. Feature Article: Glitter Lines: More Than Aesthetic?, Advanced Aquarist Online, Vol.3, MAY, 2006,
MACNA-XX講演レポート, Marin Aquarist, 50, 139-140, 2009,
スーリンさん
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

あ、そうか
水中でギラギラしてる部分は
瞬間ですけど当然、レンズ効果で真っ直ぐな水面に当てる光より強いんですよね

多方向からの光という部分を考えてましたが より強くなる瞬間がある、という事も考えていいわけですね

本当に失いたくないものは、遠ざけておくものだ。

狩人さん♪

水槽の全ての面の苔や藻を掃除することも照度を高めます。

グリッターライン上は集光し、ライン外は散光されます。

照明の話題は多いですが、どちらかというと器具の話題に固執していて、どう生かすかという話題は少ないです。器具は生かさなければもったいないです。

照明器具に限らず 確かにそうですね
如何に器具を活かし切るかが大切な部分ですよね

朝は来ますよ。

狩人さん♪

特に全く新しい器具は、既存の器具の代替として使用するだけではもったいないと思います。

例えばLED。
LEDにしかできないことがいろいろとあります。
初期コスト、冬場の発熱保温の面でLEDはメタハラの代替にはなりませんが、
LEDにしか出せない結果。
それが重要かと思います。

○の代わりに△をつかうではなく、
△が出たので、こういう使い方できると考えた方が良いと考えます。

そうですねLEDも もう少しコストが下がれば 演色効果はメタよりも優れてますし使い方がいろいろあるんですけどね(笑)

現在のコストでも小型水槽なら面白い使い方ができるんですけど 大型水槽の場合はもうちょっと先になるかな?
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。