--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-08-17

きしょ

使ったのですね…EcoSystemを…。
待ちなさい!
待ちなさい!待って!!
…お兄様は悪魔です。
卑劣で…卑怯で…なんて…ECO槽の中はきしょかわいい生物ばかり…。



ECO槽内藻類+微生物
マイクロ画像1

マイクロ画像2

マイクロ画像3

マイクロ画像4

マイクロ画像5

EcoSystmとベルリン式については比較した文献が既に出ているのでそれを読めば速いでしょう。Tom FrakesはSeaScopeに同サイズの水槽で設置した15ヶ月にも及ぶ比較実験をしています。Frakesの結論を下記に書きます。

              EcoSystem  ベルリンメソッド
水の黄色化         なし       なし
カルクワッサー       なし       添加
添加剤            必要      必要
プロテインスキマー     なし       あり
藻問題            なし       あり
サンゴの生存率       90%以上   50%
メインテナンス        少ない      ある程度必要


この実験では残念ながら触れられていないのがEco槽に居る微生物たちについてです。
リフュジューム系のシステムでは魚に捕食されずにより複雑な生物層が形成されます。
DelbeekらはEcoSystemではサンゴのポリプの開きがよく、それはECO槽から供給される微生物によるものと推測しています。それとは別に、海藻が有機物を溶出し、有機物を餌とするバクテリアの増殖を促す説、海藻の出す胞子・種子説も記載しています。
また、Palettaは約9ヶ月でミラクルマッド内の生物層が構成されることを報告しています。
彼は孵化したバンガイカーディナルの稚魚をECO槽内で無給餌で成魚まで成長させたり、本水槽内の海綿が餌なしで成長しているのを確認しており、ECO槽内の生物が豊富で多種にわたっていることの間接的な証明をしています。

実際、通常の水槽の底砂の生物の種が自然界よりも種的に少ないことはロブが報告しています。
また、実験的にはエイジさんはシュリンプさんのベントスを用いて検証しています。

水槽でこれらの生物層を維持するためには、
1.定期的にベントスの投入
2.砂厚を増やす
3.ミラクルマッドなどの別の素材を使う
4.リフュジュームを設置し、微生物が魚に食べられないようにする

という方法があります。

さて、EcoSystemに話を戻します。

エイジさんの考察でも“デトリタスがあったら多くのピコピコ系(鞭毛虫)が確認できたと思う”とありますが、私も同感です。
ECO槽では砂表面よりも水面に近い藻だらけの領域が豊富な生物層になっています。
そして海藻だけのリフュジュームとは違い、ミネラルリッチなECO槽にはより多くの微生物が存在すると思っています。
プランクトンやベントスを水槽に放出するという意味では水槽よりも上に位置した方が有利なECO槽です。
その一方で、ブルーハーバーが提案するのはサンプ式と言えるでしょう。水流に載せられたミューカスはそのままサンプに流れ込み、プロテインスキマーで処理されずに、スーリンさんが先日コメントされたように、ミラクルマッド上でバクテリアの餌となり線虫などにより処理されます。
特にミラクルマッドは浅い状態で嫌気にできるので、通常の砂よりも多彩な生物層を再現しています。

ラエスの報告によると
食物の種類による線虫の種類は異なるそうです。
石灰藻やサンゴ礫という種類よりも、その形状や大きさの方が線虫の種と密度にとっては重要なのです。

先日、夜中にコモンサンゴを食べるミノウミウシの一種を探していたときに…
きしょ…
水槽内では3cmものまるで宇宙船のようなきらきら輝く線虫を見つけてしまい凍ってしまいました。
線虫さん。バクテリア食べて育ちすぎですよ。

怖くて、夜、水槽見れません。

ECO槽の生物を撮影するアイデアはヨッシーさんが行なったことを真似させて頂きました。
またエイジさんの藻・デトリタス観察のブログも参考させていただきました。
水槽内の微生物の綺麗な画像を見たい場合はヨッシーさんとエイジさんのブログが参考になりますので、そちらを見てください。

参考文献)
Raes, M 他. The structuring role of microhabitat type in coral degradation zones: a case study with marine nematodes from Kenya and Zanzibar, Coral Reefs, vol.26, No.1, 113-126, 2007,
Frakes,T, Ecosystem Aquarium Comparison,Sea Scope, vol.17, No.3, 2-3, 2000,
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005,

サンタマルタエイジさん
結果 Oh! Life
http://www.1023world.net/blog/%e8%8c%b6%e3%82%b4%e3%82%b1%e4%bb%98%e7%9d%80%e3%83%86%e3%82%b9%e3%83%88%e3%81%ae%e7%b5%90%e6%9e%9c
http://www.1023world.net/blog/%e3%83%87%e3%83%88%e3%83%aa%e3%82%bf%e3%82%b9%e3%81%ab%e5%b7%a3%e3%81%8f%e3%81%86%e5%be%ae%e7%94%9f%e7%89%a9%e9%a1%9e

ヨッシーさん
ヨッシーのアクアライフ
http://www4.ocn.ne.jp/~tnc/
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Frakesの実験ですが、同じ種類のサンゴを使ったんですかね? ベルリンでサンゴの生存率が50パーセントというのは異常に低いのでは? たかだか15ヶ月でですよ。ウェットろ過でハードコーラルを飼育したら、そんな生存率になるかもしれませんけどね。比較したベルリン水槽の方は、立ち上げに失敗したんじゃないか(もしくは日常管理失敗?)というような気がしますよ。

15ヶ月でサンゴ生存率50パーセントじゃ、ベルリンシステムは欠陥システムになりますよ。明日からアクアリスト全員ベルリンシステムを放り捨てて、エコシステムに換えないといけませんかね?(笑)

気の利いた注釈でも欲しかったところです。

しまった

変態幼生のままじゃないか(汗)。

実験の果てには結果という答えが待っている。例外はない。

今回は、この報告に見られる利点のひとつを詳細に説明したつもりだったのですが、対象の方の質問が来るとは思っていませんでした。対象としか考えてなく、余談になり、テーマとかけ離れ、混乱すると考え、詳細は書きませんでした。それがかえって本件を混乱させました。申し訳ありません。
下記は余分なことも書いてありますが、今回の反省を生かして、関連あると思われる周辺情報も訳しました。

Frakesの報告

1.生体について
水槽設置は1998年の12月としてあります。水槽は44ガロン水槽の同型を使用。器具は当時のもので、照明は55wの蛍光灯を2灯ずつ。LRは20kg。ベルリンのプロテインスキマーはマッドドックプロテインスキマーです。
両方の水槽には立上げ6週間目にサンゴを入れています
サンゴは全く同じのを2つずつ。
11種のソフトコーラル。(ウミアザミ、スターポリプ他)
3種のハードコーラル。(ハナヤサイサンゴ、トゲサンゴ他)
左右対称に、同じような条件(水流、光など)になるようにサンゴを設置しています。
このように限りなく、同じような条件で比較しています。また、藻除去のために貝類も入れています。
1999年4月にキイロハギとバンガイカーディナル各1匹。ペルクラ(カクレクマノミ?)2匹を入れています。
残念ながらどのサンゴが試験開始15ヶ月後に生存したのかはわかりません。
例外はハナヤサイサンゴです。共にスターポリプに侵食され、ベルリンでは殺されたとあります。他のサンゴについて記載がありませんので、スターポリプに覆われたわけではないようです。
数はベルリンでは7種生存。EcoSystemは13種生存とあります。
n数が少ない(各n=1)以外は、可能な限り同じ条件にしていると私は感じました。また、生体導入をあせらずにしており、生体のばらつきを可能な限り減らしています。残念なことはサンゴが同じ株から分けたのかどうかがわからないところです。
もっと新しい器具でのデータが欲しいかと思われるでしょうが、ここまで条件を揃え、他の文献に引用されているものは残念なことにありませんでした。個人的な考察としてはカルシウムリアクターが設置されていなかったのが、ベルリンにとって不利に働いた可能性があります。添加剤に代用されているとは言え、ECOsystemではミネラルリッチなミラクルマッドが有利に働いたと思えます。

2.立上げ失敗について 兼 注釈
立上げに失敗した可能性は否定しません。Frakesも“ベルリンは悪い方法と捉えられては困る。これは一例にしか過ぎないと。他のアクアリストはベルリンで良い結果を出している。”と書いています。1998年当時の情報の少なさを考慮すれば、情報不足による立上げ失敗の可能性もあります。
FrakesがEcoSystemで立上げを成功し、ベルリンで失敗?したということはEcoSystemの立上げ容易さの証明の一例と言えると思います。少なくとも1998年当時は、ベルリンよりもEcosystemの方が確立されたシステムだった可能性が高いです。
Delbeekらもthe Reef Aquariumでこの報告を元に“EcoSystemは簡単に立上げられ、メインテナンスが簡単である”と書いています。彼らはこのベルリンの水槽は立上げ失敗していると、直接は書いていませんが、そういう意図にも読めます。”

質問の回答に遅れたこと重ねてお詫びします。

詳細な情報ありがとうございます。
これで、わかりやすくなりました。

底砂がどうして白いか知っているか?自分がどんな色だったか忘れてしまったからさ

どうも、エイジさんのブログの方で質問がありましたので、こちらでも書いておきます。

Frakesの水槽は両方とも底砂なしです。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。