--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-09-13

ハナヒゲウツボ

Rhinomuraena quaesita
学名:Rhinomuraena quaesita
和名:ハナヒゲウツボ
英名:Ribbon Eel、Ribbon Moray
販売名:ブラックリボンイール
画像個体全長:50cm
インド洋・西部太平洋に広く分布。
大阪府のアフリカから入手。

Rhinomuraena quaesita eating

一属一種の特殊な種。穴から上半身を出し、ガーデンイール(チンアナゴ)のようにふらふらしている。全身を穴から出すことは極稀。尾鰭の形状、及び骨格から自分で穴を掘る力はない。そのため、テッポウエビの作った穴に生息すると考える。

近年、テッポウエビの穴に住むハゼを襲うところがダイバーにより確認されていることから、テッポウエビの巣穴を奪っている可能性は高い。実際に、ハナヒゲウツボの胃からは小型のカニや脱皮直後のエビが見つかっていることから甲殻類が主食と考える。

鼻から伸びる管が花びらのように開いていることからハナヒゲウツボという和名がつけられる。

黒い個体、青い個体、黄い個体がいる。
黒い個体は幼魚。
青い個体は雄個体。
黄い個体は雌個体と言われている。

飼育レベルは困難としかいいようがない。
というのもごく最近まで飼育スタイルが確立されていなかったからである。
B-BOXの鈴木店長によると全身が隠れるような場所をつくるといいということ。

自然界ではテッポウエビの巣穴を利用し、全身をその穴の中に収用する。
この細い体型はテッポウエビの穴に入るために特化したと推測される。

導入直後の餌は死ぬ直前のぴくぴく動く魚が適している。
メダカや金魚の尾鰭をピンセットで押さえながらあげると良い。
このため、魚食性と思われることもあるが、実際は他のウツボ同様甲殻類を好んで食す。

馴れれば、水面に半分に折ったクリルを入れだけで、勝手に水面のクリルを食べるようになる。
口の幅が細いのでクリルは半分におり、まっすぐな状態であげると良い。
細い魚であるが、身体が長いので実は身体は大きい。
そのため餌は他のウツボよりも多めにあげると良い。

この状態になれば、落ち着いているので、巣穴は必要なく、他のウツボと同じような環境でも飼育可能である。しかしながら他のウツボとはまったく違う性質なので同種以外との混泳は適さない。

水質は透明度の高い水を好むが、今のアクアリウムの水槽ならばほとんどの場合問題ない。

昔流布されたプランクトン食というのは誤報。チンアナゴなどの体型から推測されたのかもしれない。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

なるほど画像

初コメントです、こんばんはsinです
ハナヒゲの画像は、もはや疑いの余地もなく、クリルに食らいついておりますね!!
長期飼育できた事のない個体ですが、私もtetsuo殿同様にダイビングするのですが、ダイバー観点からみて誤解する方が多いのではと思います。本当はどっちなんだろうと疑問でしたが、これでスッキリしました。
海で見た時は潮の上に向かってずっと口開けてたので、プランクトンフィーダーなのかなと思っていました。鼻のラッパも効率良くそこからも吸い込むのかなと^_^;

何かある…。俺の知らないところで何かが起こっている

sinさん♪

先日はお世話になりました。

ハナヒゲウツボに関しては、共生ハゼの捕食画像(とても貴重だと思います)が下記のSITEにあります。
h ttp://amami-gobies.amamiensis.com/sakana/sakanatopics0606hanahige.html

また、Purserの本には胃の中から小さなカニやエビが見つかったとあります。

たぶん、夜間に泳ぐオキアミなどを食べることはあると思いますが、証拠の画像や目撃談を聞いたことがなく、また、穴が掘れない体型からテッポウエビの巣穴を利用しているという説を今回は取りました。というか勝手に説立てました。

Nice to meet you

こんにちは
私はSPSHolic呼ばれています。
韓国に住んでいます

I heard your reputation from Mr taka and Eric in GBD。 and Mr Taka told me your blog。 so I want to link your url in my blog(www.spsholic.com)If you do not mind、and I want learn and share the information about reef life from you。

Thank you, my friend.

SPSHolic-san♪

Please link this blog and sharing these inforamtion in this blog with your friends.

In this blog, I am tring to share backgroud of marine aquarium system. New or Old, I do not care, I would like to explain many things with scientific sorce.

So many times, you have to read again and agin, Also you will needs to read biology or biochemistry books to understand well, It's not easy, but I promiss you that it makes you more enjoy to see your aquarium,

Thank you for coming my blog!

(日本語)

SPSHolicさん。

リンクして良いです。是非、このブログに書かれた情報をあなたの友達と共有してください。

私はこのブログで海水魚飼育システムの背景理論を説明しようとしています。新しいシステムも古いシステムもです。できるだけ科学的に証明された情報を元に書いています。

そのため多くの記載内容は簡単ではなく、何回も読みなおさなければなりません。また、生物学や生化学の本を参考にしながら読まなければならないでしょう。しかし、そうすることであなたはもっと自分の水槽を楽しんでみることができるようになるでしょう。

SPSHolicさん。今回は当ブログに来ていただきありがとうございます。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。