--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-10-30

ヒメウツボ 西部太平洋熱帯タイプ

ヒメウツボ 黄化体 2
学名: Gymnothorax melatremus
和名: ヒメウツボ
英名: Dwarf moray
画像個体全長:20cm
インド洋・太平洋に広く分布。
埼玉県のB-BOXと
群馬県のVESSELから入手

ヒメウツボ 黄化体 1
ヒメウツボ 黄化体 3
ゴールデンにょろ。

南日本、フィリピンやインドネシアなど西部太平洋に生息するヒメウツボに見られる個体群。個体により黒い模様が一部に入るので個体識別は容易。温帯域に生息する個体群よりも鮮やかな体色。温帯域の個体は褐色であり模様がある。同じイエロー群でも小さい個体の方が赤味が強い傾向にある。眼球の色が通常のヒメウツボとは違うのも特徴的。

他のヒメウツボよりも小さく20cm未満の個体が多い。22cm程度で成長は止まると思われる。鮮やかな黄色なうえに水槽飼育下でも色は褪せなく、小さいサイズのままとアクアリスト向けのウツボである。

飼育はやや難しく、餌を口元まで運ぶこと。
こう見えてもウツボなので自分の口よりも大きな餌でも飲み込むことができる。
他のウツボには負けやすいので混泳には向かない。
また、この2匹も喧嘩をし、混泳1日目で先住の個体の顔が噛まれ傷をおった。
数日後には後に入れた個体はかみ殺された。

価格はこの産地のウツボの中では高額。
にょろ人気の海外では高値で取引されることもある。
しかし大きくならないということで30cm水槽でも終生飼育が可能。
カニやエビは食べられてしまうものの、体高が高い魚は補食されにくい。もちろん週に2回きちんとウツボに餌をあげ、飢えさせないことが重要である。
ヤドカリは捕食されることはなかった。

このように小型水槽で飼育でき、多くの種類の魚と混泳も可能なことから、ヒメウツボの存在価値は高い。また長期飼育でも色あせすることはない。

決して安い魚ではないが、一度飼育する価値のある魚にょろ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

マズイ火が付・・・

近海で一番生息数が多いのは沖縄以南でしょうか?
水深何メートルぐらいでしょうか?
日本の漁師さん従来のウツボ漁で採取可能でしょうか?
ウツボも減圧停止必要でしょうか?
水中では噛みつかれますでしょうか?
(↑ここが一番重要)
近海産の褐色気味タイプを温度高めで飼育すると黄色に揚がる可能性はあるでしょうか?

って採る気マンマンですね!(^^)!
聞き流して下さいスミマセン<(_ _)>

そのにょろはこんな風になきます。にょろ~ん!

sinさん♪

このタイプは奄美以南だと記憶しています。
水深は20mくらい。
小さいのと臆病、目が悪いので日本のウツボ漁では難しいかもです。でも採集には工夫が必要と思います。
減圧停止いらないでしょう。
噛みつきません。たぶん、かみついてもたいして痛くないです。

残念ながら褐色タイプを飼育しても金色に色揚がりはしませんが、若干変わるかもしれません。

ハワイの個体は褐色模様有→クリーム色模様なしに変化しました。

ただしこの金色も褪色しません。左の個体は半年以上飼育しているような気がします。

以前、海中で聞いたにょろ~んの音の正体は姫でしたか!!

ご丁寧にありがとうございます<(_ _)>
20m、程よい水深で希望が持てますね!
個人的趣味なので二匹採れたあかつきには一匹プレゼントしますね
一か所気になったのが、咬まれても痛くないのはニョロマスターだけで
普通の人は痛いですよね!?(*^^)v

イエス ユア ハイネス

sinさん♪

この子はとても怖がりなので大丈夫です。
軍手でもしておけば安心でしょう。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。