--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-24

アメリカ から の 使者

さよならDSB…おまえは重すぎる…

2009年1月10日の”覚醒 の 蒼き 岩”にも書きましたが、旧システムからの発展系として2つの流れがあります。

1. サンドベットシステム(モナコ式、DSB) → ECOsystem
2. ベルリンシステム              → バクテリオプランクトンシステム


1は底砂を還元層とし、できるだけ手をかけない初心者向けのシステムとして発展したと捉えたもの。ライブコーラルをシステムの中心に考えたもの。(アメリカ式)
2は添加剤などを水質を測定しながら毎日添加し、完全に管理するシステムとして発展したと捉えたもの。エアーレーションを重視、スキマーへと発展させたもの。(ドイツ式)


ecosystem 0days
設置日のミラクルマッド

ecosystem with nyoro
運用中。シアノバクテリアは本水槽にはでず、ECO槽のみ。もっとも後日消滅。

クサビライシ ブラウン 色揚後
ECOsystemで色揚がりしたクサビライシ。購入時、茶色のパープルエッジだったのが、全身パープルに。

今回はECOsystemについてです。

外見的にはリフュジュームの発展型という位置付けになるでしょうが、理論上はどちらかというと、DSBの発展という位置づけと私は考えています。
サンゴ砂ではなく、ミラクルマッドを使うことで軽く、そして嫌気状態をより少ない厚さでつくれるという特徴があります。

そのため、ECOsystemからは水槽に掛けるタイプの製品も販売されていますし、上部ろ過のように水槽の上に設置するタイプにしても水槽に負荷をかけずに可能です。
ECOsystemの登場により、従来のろ過より自由度の高いものができるようになりました。
実際に、ちょっと変わった設置をしているアクアリストが多いのが特徴です。

嫌気層を容易作製すると同時に、ミラクルマッドは多くの微量元素の供給源ともなっています。
特にミラクルマッドはサンゴ礫とは違う成分も溶出されるため、これがリフュジュームに恩恵をもたらします。

逆にいうとサンゴ礫からの成分は得られないので別途カルシウムリアクターを設置するか、添加剤での補助が必要となります。

運用してみると従来の海藻だけのリフュジュームと比較するとECOsystemでは生物層が幅広い印象を受けました。もちろん、まったく同じ生体で比較したわけではなく、以前、私が維持していたリフュジュームとの比較での話になります。また、ミラクマッドの特性から、ある種の好まれない藻類の抑制も推測されます。

ミラクルマッドの登場後、すぐに類似品が追従して販売されましたが、使用したアクアリストの話を聞くと類似品は今ひとつのようです。

既存のシステムの代替と考えずに、このような器具は従来の使用方法には拘らずに、新しい使い方をした方がより水槽を楽しめると思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

Tetsuoさんが仰ってる事と同じことになるかもしれませんが、USなどでシステムはEco Systemって答える人はあまりいないと感じました。どちらかと言うと、レフで使用する砂・泥がMiracle mudです、って感じのような気がします。ですので、当然プロスキとの併用です。
Miracle mudを使用しても添加剤がいるとは意外でした。でも、添加するものの種類を選ばないと、一部は過剰添加になるかも知れませんね。

その名はEco System

♪TAKAさん。

ECOsystemだけではなく、EcoSystem AQUARIUMの会社の知名度が低いですね。
ECOmodを使用しているアクアリストは多いのに知らない場合が多いです。
Garlicの添加剤もECOmodのようなものもEcoSystem AQUARIUMが最初に発売しているのですが。

単純に還元を求めるだけなら類似品でも良いような気がしますが、アメリカのアクアリストによると結果(生体の状態)が違うそうです。一応、Fijiを試そうかと思っていたのですが、昨年のMACNAで複数の証言を得たのやるだけ無駄と判断して辞めました。

スタート時はECOsystemだけのシステム組みをしました。クサビライシのようにいくつかのLPSは色揚がりしました。今はVSV改や他の方法、そしてLED照明の併用もあり、単純にECOsystemだけの結果ではありませんが、LPSは基本的に色が淡い方向に動きます。

拒食だったヒメウツボをECO槽に入れたら翌日から餌を食べるようになり、色変わりもしているのでけっこう面白いです。もちろんECO槽だけの影響かどうかわかりませんが。色変わりは性転換だと思いますが、情報なし。リボンイール以外の性転換による色変化は聞きません。

ECO槽(各槽別)、本水槽とすべてで4層に生える藻類がまったく違って面白い時期がありました。少ない水槽数でいろいろと楽しみたいアクアリストにはお勧めできる形態です。

添加剤についてですが、ないよりもあった方が色揚げ、成長の結果が出易いです。無添加での検討はしていません。毎週10%の水換えでは補えきれないものがあると考えています。特にカルシウム、マグネシウムは多くのシステムで添加した方が良いと思います。水換えの量が多ければ、それも必要ないと思いますが。最近はカルシウムリアクターの設置を悩み中です。

家では以前に嫌気還元だけを目的とした嫌気タンクを設置しておりました

嫌気還元は順調に機能し 硝酸塩は試薬で検出されない値を維持しておりましたが
水槽の状態はというと決して良いものではありませんでした

何事も偏った機能、過剰な機能を付けるというのは良くない事かと痛感しました

Tetsuoさん、
どのくらいのアクアリストがレフにFiji、Mineral Mud、Miracle mudなどを珊瑚砂(Aragonite)の変わりに使用しているんですかね?
また、これらMud系単体のFilterとしての効果は高いんでしょうか?各サイトを見ていると、Filterとしてよりも、溶け出す成分のほうがメリットがあるような気がします。やはりスキマーとの併用が効果があるような気がします。
少しちがう質問になりますが、底砂を厚くひくのと薄く引くのと、デトリタスの溜まり方に差があるのはなぜでしょう?

全力でデトリタス畑を耕すんだ!!!

♪狩人さん。

水質バランスは難しいです。
分析機器が年々良くなるので、より良いデータが得られるようになりました。
リン酸がわかりやすいと思いますが、無機と有機の話をするだけでも大きな違いがあり、どちらのデータを元に理論を展開するかでも目的数値は違くなります。
測定データを読むとき、測定方法を知らなければ大きな勘違いをすることになります。
まぁ、そのため、このブログのように自分の水槽結果と合うような都合の良い文献データだけを集めるときもあります。苦笑。

♪TAKAさん。

今現在運用されているリフュジュームと考えるなら、
砂なし>珊瑚砂>Fiji、Mineral Mud、Miracle mud
という率になると思います。
ただし、今のアクアリストの新規導入具合というならば
珊瑚砂>Fiji、Mineral Mud、Miracle mud>砂なし
となると思います。私がリフュジュームを始めたときは砂なしでした。まぁリフュジュームという言い方ではなく、ろ過としてですが。岡山理科専門学校やフロリダで見た水槽なんかも同じシステムでした。

どちらにせよ、Fiji、Mineral Mud、Miracle mudを使用しているアクアリストは少ないです。それは、不人気だからというわけではなく、この手のシステムを知らないアクアリストが多いということです。海水魚入門のような本を買ってもこの手のシステムについては書いていません。

Mineral Mudの脱窒としてのフィルター効果は高いです。
通常のサンゴ砂と比較しましたが、かなり早かったです。

Mudを溶出型添加剤としてつかうならば、流動フィルターやZEOリアクターのような形にすれば効率的だと思いますが、どうでしょうか?
そういう使い方をしないのにはされなりに理由があると推測します。
私が間違っているかもしれませんが。

スキマーとの併用によるメリットはないと思います。
成分を溶出しているのならば、スキマーはそれを取るだけですし、十分な脱窒能があるのでろ過代替としてのスキマーのメリットはありません。

が、水槽の水量に対しての魚の密度が高い場合や、夜間、スキマーによる酸素供給は有効となります。

基本として、多くのシステムでは、スキマーは十分に立ち上がった水槽には不要と考えます。(実際、長期運用水槽では死んでいるスキマーも多いですし…苦笑)

スキマー使用者が多いというのは単にベルリンの影響と考えます。今は、“スキマーないと海水魚飼育はできません”と思っているアクアリストの方が多いと思います。
私はそう考えません。私の海水水槽など、半分以上はスキマーを設置していません。

もちろんスキマーを有効に活用しているシステムもあります。その手のシステムでは必須です。例えば、バクテリオプランクトンシステムをはじめとする、EU系のシステム。日本では、まことさんの水槽のようにろ過材はドライボールのみで、水槽内には何も入れないというスタイルの水槽では、スキマーの占める重要度は高いです。

底砂内のデトリタスですが、これは厚さというよりも生体種・密度に依存します。
簡単に言うと生物層が適切でない場合はデトリタスが溜まります。通常はデトリタスが溜まりません。以前、H崎氏の水槽のリセットを見にいきましたが、H崎氏のSPS水槽の底砂は全くデトリタスのないすばらしいものでした。そして、水槽内の生体、SPSの色もそれは美しいものでした。あれはリーフアクアリウムシステムとしてはほぼ完璧な例でした。

サンプ内の場合、話は別で水槽内の生物層とは全く違うのでデトリタスは溜まり易くなります。これも水槽同様の生物層にすれば何もしなくても消えます。ただ、水槽内とサンプ内の生物の層を同じするということはサンプのメリットのひとつを潰すことになります。違うからこそサンプが生きています。

よってVSVなどの添加量の調整はこのデトリタス量が基準となります。

Tetsuoさん、
レフに底砂なしが存在するとは意外でした。レフには厚めの珊瑚砂を引くかMudをひく事で、それらからジワジワと成分が溶ける・また栄養塩などの処理が行われていると思っていました。要するに、底砂がないとレフの意味がないと考えていました。あと、レフに海藻は必須と考えています。これも間違い?

>スキマーとの併用によるメリットはないと思います。
う~んと、言いたかったのは、Mud単体だと飼育できる生体数が少なくなってしまうかなと。それで、スキマーを併用すればそれなりの汚れを取ってくれてMudの負担が減るかなと考えました。

>Mudを溶出型添加剤としてつかうならば、流動フィルターやZEOリアクターのような形にすれば効率的だと思いますが、どうでしょうか?
これをすると溶け出す成分が多くなりすぎるのでは?と考えます。大きな水槽に点滴添加なら効果ありそうな気がします。微量元素の継続的添加。

>簡単に言うと生物層が適切でない場合はデトリタスが溜まります。
これは意外でした。要するに生物層が適切なら、生成されたデトリタスはこれらの生物によりすべて分解されると言うことでよいでしょうか?
自分は、適度な水流でデトリタスをサンプに流し、そこでトラップするのだと考えていました。
デトリタスは分解されると結局何になるのですか?

デトリタスは幸せ

♪TAKAさん。

>レフに海藻は必須と考えています。これも間違い?

本来の定義(Adey)からすれば海藻は必須ではありませんが、も時代は変わり海藻・海草は必須のような状態です。流石に海藻・海草なしのリフュジュームは一部の例外を除いてほとんどないです。

>それで、スキマーを併用すればそれなりの汚れを取ってくれてMudの負担が減るかなと考えました。

それはこの手のシステムに限らず、どのシステムに対しても同じと言えます。スキマーを設置すれば、物理ろ過の代わりになります。

今後、取り上げられることになると思いますが、最近の新しいシステムでは実際は負担どころか、栄養塩がろ過システムを維持することができないくらい低いという状況というのもあります。そういう水槽では窒素系の栄養塩を添加したりします。

>デトリタスは分解されると結局何になるのですか?

DSBなどのサンドベット系のシステムでは沈殿槽がなく、デトリタスはすべてサンドベットで分解されます。これは機能しているSSBでも同じです。

サンプに沈殿槽を設置するのは日本の物理ろ過の考え方ベースです。

アメリカン?はリフュジュームがデトリタスの沈殿槽です。上部に設置して、コックをひねるとデトリタスが流れ出て、処理できるようになっています。デトリタスは生物層でできるのであって、下の位置の槽にできるわけではありません。このようなシステムに関してはFloridaのSmisonianで見られます。

このデトリタスの沈殿槽は生物学的にも別の生態系を再現するという側面もあります。ここはクラゲ、カイアシ、ヒラムシ、ゴカイなどのリフュジュームとなります。また、バクテリアなどの密度もかなり高いものです。水質的にはデトリタスはpH維持にも貢献します。ここではデトリタス量はある時点から一定になり変動しないはずです。(生態系が構築される)

デトリタスの主成分の水槽内の最終形態は有機酸です。
多糖類を経由し有機酸になるものもあると考えれば、よりわかりやすいと思います。

見知らぬ底泥

>ECO槽(各槽別)、本水槽とすべてで4層に生える藻類がまったく違って面白い時期がありました
うちもエコ槽と本水槽は全く違う藻類の生態系が出来ていますね
tetsuoさん同様にシアノはエコ槽にしか出ません

ちょっと前までホソジュズモをメインにエコ槽に入れていましたが、一長一短ですね
浮き草の如く育つジュズモだと光が当たらないマッドが還元に傾きすぎるようで真っ黒に硫化(?)しました
あわててトリミングして食用ルートのウミブドウ(クビレヅタ)を入れなおしてみましたが…
他の方々は何を入れているんでしょう?
サボテングサやリュウキュウスガモも試したのですが光が弱いと成長がイマイチですね

>デトリタスの主成分の水槽内の最終形態は有機酸です
エコ槽にナマコを入れて積極的にデトリタス除去&攪拌するのって効果的なのでしょうか?
必要以上に澱むのが不安なのでマガキを入れているのですが、ナマコは聞いたことも無いもので…

>拒食だったヒメウツボをECO槽に入れたら翌日から餌を食べるようになり
拒食には覿面に効果有りますよね、頑なに餌を拒絶していたシマもあっと言う間に人工餌まで餌付けできました、正直一番効果を実感するところです

奇跡の価値は

ECO槽に入れる海藻・海草については皆さん検討中というところでしょう。
ベルさんもお気づきのように照明に依存してしまうので、これをマニュアル化は難しいですね。
ECOの海藻・海草についてはスーリンさんやヨッシーさんが情報を公開しています。

マッド系の問題点は、ベルさんのお書きのように還元に行き過ぎるのです。
で、結局私は24時間照明は停止。毎日窒素源の投入をしています。魚の量を増やすのも手ですが、魚は物色中なので、にょろ3匹(ヒメウツボ、アナゴ、ウツボsp.)、
ニシキテグリ、ヒバシヨウジ(インドネシア ver.)の合計5匹。

サボテングサもこのシステムでは良好ですが、成長は遅いですね。ちょっと他の海藻に覆われ遮光されますと白くなるし。

私も検討中という感じで3ヶ月毎に植えるものを変えています。最近は、他の水槽で育てていたヒルギを追加しました。今はジュズモ、ヘライワズタ、紅藻です。

海草は基本成長が遅いので、ベルさんの目的にはそぐわないかもしれません。

もし栄養塩除去を目的とするならば、成長が早いというのが重要な要素ともなりますが、他のシステムでは育ちにくい海藻を育てるためのECO槽というのも楽しいものです。

>エコ槽にナマコを入れて積極的にデトリタス除去&攪拌するのって効果的なのでしょうか?

うちはアナゴが穴ほって毎日攪拌してますね。(開発者に怒られるなぁ。笑)
特に攪拌させる必要はないと思います。
ナマコもマガキもさほど差はないと思います。
個人的には何もいれずに小さな生物に分解を任せる方が良いと考えています。

が、私はシステムを飼育しているわけではなく、魚のためのシステムなので、穴掘りアナゴのためのECOシステムです。アナゴの穴掘りは気にしていません。やはりアナゴには泥が似合います。

シマヤッコの餌付けの話はすばらしいです。
餌を食わない魚として高名なハクテンカタギ、オウギチョウで試してみたいところです。

奇跡=熱血+必中+閃き+気合×2

>24時間照明は停止。毎日窒素源の投入をしています
硫化は硝化層(?)の下、光の当たらない所で行われていると認識しているのですが、
窒素源を入れるのは硫化以外の還元を目的としたものとしても、照明を止めるのは何故なのでしょうか?
溶存酸素を減らして還元が起きやすくするのが目的??

>最近は、他の水槽で育てていたヒルギを追加しました
ヒルギ面白そうですね、自分も以前試したのですが、無理に根をマッドに埋めた為水没して枯らしてしまいました
tetsuoさんはどのように植えていますか?
次は小型隔離ケースに挿してマッド層の上に吊るしてみようと考えています

>個人的には何もいれずに小さな生物に分解を任せる方が良いと考えています。
なるほど、ナマコ投入は見送ります

>魚
自分もにょろ系寝そべり系大好きなのですが、何故か上手く行かないのですよねぇ
最近でもサイケが一晩で星に…本水槽の砂だと固くて潜れなかったのが一因の様なので次はマッドで試してみます
ハクテンカタギは最近小さくて産地も良いのがちらほらいるので気になっているのですが
マッド層でアサリを使う踏ん切りがつかないです

サンプのかたち デトリタスのかたち

照明時間をマニュアル規定外にしたのは
二酸化炭素濃度を下げないためです。光合成時間を減らして、二酸化炭素消費量を減らし、Mud内のpHを低いままにします。通常の海水よりもpHを低くすれば硫化物はできにくくなります。

ヒルギは植えず、泥の上においているだけです。かってに曲がって育ちます。
ほとんどの場合、植え替え時に根を痛め殺してしまうとジョージアアクアリウムのハル女史から聞きました。自然に根が泥に入るのを期待します。
私の場合は、日本の淡水・汽水種ではなく、純海水種のヒルギを使用しています。
汽水種の飼育は難しいです。

サイケデリックラスは難しいです。
餌付けにくいし、気が弱いという一面がありますからね。
ノドグロ系よりも強い性格ですが、ノドグロと違って餌付けが難しい。
輸入時で口が潰れているか、潰れていないかが、飼育ポイントになります。
この手のラスは入荷日に買う方が、成功率は高いです。
一応、飼育困難種です。

私はアサリ嫌いでアサリは絶対使いません…カキは使いますが…大笑。

フィリピン便で買えばハクテンカタギも安価ですし、綺麗な魚です。
人工飼料食べていつのまにか死んでしまうので、私の場合はもう一工夫必要なのでしょう。

星屑のような君達

>二酸化炭素濃度を下げないためです、通常の海水よりもpHを低くすれば硫化物はできにくくなります
なるほど、そういう理屈だったのですか
となるとリアクター排水をマッド層に落とすのも副次的に効果が認められそうですね
自分はウミブドウを入れたばかりの為、暫くは24時間照明でいきますが、
他の海藻が手に入り次第昼夜逆転照明を試してみます

>植え替え時に根を痛め殺してしまうと
ヒルギの根は弱いですよね、前回は伸び過ぎた根をトリミングしてから植えたのでこれも悪かったのかもしれないです

>黒地に白点の魚
入海して直にライブロックやサンドを啄んでいたのでイケると思ったのですが…
結局夜に底砂に潜りきれず、何回も砂堀しているうちに衰弱死してしまいました
パウダーより一番手粗い砂だったのですがラスやチンアナゴには向いてないみたいですね
今度機会があればマッド層でホクトベラにチャレンジしてみます
ハクテンカタギは人工餌までいっても難しいのですか…サンゴのポリプ食べさせないと長生きできないのですかねぇ
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。