--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-29

リバイブ

サンゴにはこのような生物はつきものだと…
だとしても
お前の存在は俺が否定する。
消えろ!!


ReVive

サンゴやライブロックを買うときに気にする人は気にするのが、いっしょについてくるおまけ。

これを楽しんで飼育しているアクアリストは多くいます。が、中には毛嫌いしているアクアリストもいます。たしかに一部の貝、ヒラムシはサンゴを食害します。かくいう私も昨年、Xeovit水槽のすべてのソフトコーラルを貝に食べられてしまいました。でそちらの水槽は放置状態。やる気なくします。今はハナダイ水槽となっているにょろ。

さて、リーフタンクということでジュリアンのReViveを試しています。サンゴの洗浄液ということです。類似のものがありますが、そちらはヨウ素系の成分の液。これは植物抽出物が原料というのが変わっています。バケツに海水1Lにこれを1キャップ入れ、エアレーションをします。そこにサンゴを5分くらい浸けます。SPSなど敏感なものは濃度を薄めて、15分くらいつけるとよさそうです。弱い深場系ミドリイシは特に注意すべきとEricは報告しています。

ヒモムシ
ヒラムシ

これはReVive薬浴でLPSから出てきたヒラムシとヒモムシです。
まぁ、外見的には好かれそうもありませんね。

問題点としてはカニなどの甲殻類も死んでしまうこと。せっかくミドリイシについてくるサンゴガニは生かしておきたいものです。

the Reef Aquarium vol.3の654、655ページでは、ジュリアンが植物エキスの製品で菌に汚染されたオオタバサンゴを3分間薬浴治療し、完治させています。

ReViveでも同様な治療が可能と推測します。
ブラウンジェリーには効果がありませんでした。
ので…ちょっと濃度を濃くして次回は検討してみます。

魚のトリートメントに使えるかも未検討ですが、大型の寄生種には効果あると思います。

今後いろいろな使い方ができそうな一品にょろ。

参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005.
Glassbox-design.com
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

ヒーリングとキュア

これで珊瑚やLRを鑑賞用水槽に適した状態に革新させるのですね、判ります
しかし、共生ガニまで殺してしまうようでは…
来るべき未知の生物との調和の為にも
トリートメントは最小限にして生物層を少しでも豊富にしておきたいですね

自分の水槽はクモヒトデとウミケムシによって浄化されているのでそっち系駄目な方にはグロテスクにしか見えないかもです

AEFWにも効果があるようでいいですね。ただ、色落ちが激しいようで。。。
AEFWの卵って透明なんでしょうか?

AEFW

♪ベルさん

これは考え方ですね。けっこう有用な生物も多いのでトリートメントをしないという考え方のアクアリストは多いと思います。本当は悪いものだけ殺してくれれば良いのですが、そうはいきません。上記の生物はその後、別ケースにいれましたが、1週間以上生きていましたので、弱らせていただけのようです。まだ、国内では発見されていませんが、海外の養殖場では多くの寄生生物が発見され、SPSに損害をもたらしています。日本でもそのうちブームになるでしょうね。

♪TAKAさん。

Acropora Eating FlatWormsですね。卵は円状で茶色です。ヒラムシ系は効果あると思います。弱ったところでサンゴを振ってシャカシャカおとしてください。

下記に卵の画像があります。
http://www.melevsreef.com/aefw.html

将来的な事を考えると 必要になってくるかもしれないですね

ウィルスや病原虫などは 人間と違って どんどん進化して 強くなってますよね


退化してるのは人間だけだ~~~~

インテリア水槽への道

♪狩人さん。

養殖の問題点は病気と寄生虫の蔓延なのです。

ジュリアンが入手したサンゴをReVive浴すると…でるわでるわ…。

ジュリアン宅でそれを見て恐れ慄いた私。
あわてて、それ以降はすべてのサンゴをReVive浴です。
それまでは病気のサンゴにしか使っていませんでした。

おもしろいことに寄生生物の出るショップと出ないショップがあります。

もちろん、どちらが良いかということは一概言えないでここでは名前を伏せます。
ただ、インテリアとして水槽を楽しむ人は出ないショップで買った方が良いでしょう。
でもそれだとナチュラルシステムの楽しみのひとつを失っているようなものです。
ベルさんが書いているように有用な生物も多いですしね。

ReViveは効果の割には安くお勧めのアクアグッツのひとつです。
たぶん1本で2年は持ちます。(私でも)

法則そのⅠ、生意気言うとしっぺ返し

そういえば昔はハダムシなんて話題に上りませんでしたね
それ以前に白点と格闘していたからかも知れませんが(笑

生物層を豊富に~なんて生意気なことを言ってしまった反動か、
本日ハワイアンクリーナーラスが行方不明になりました
以前からLRの間で寝る系&ニョロ系の魚が行方不明になることが多いので、
LRの間に潜む何者かにヤられた可能性も高いです

恐るべしアクアの法則…

法則…5箇条…では条件を書くにょろ。

♪ベルさん

ネオベネデネアはシッパーが原因の可能性が高いです。

昔はこの症状を見たら貴重は経験でしたが…今では一般的。

昨年、2つの水槽にネオベネを持ち込み苦労させられました。すべての魚を淡水浴させてから入れているのですが…。

>本日ハワイアンクリーナーラスが行方不明になりました

餌付いても、ハワイアンは飼育の難しい魚ですね。ホンソメと違って数年生きれば良いくらいです。
私の経験でもテッポウエビなどがこういう魚を夜に襲ったりします。
一番多いのは飛び出し干物です。フランジの上で干物になっているときはなんで、あと3cm動いてくれなかったのかと悔やみます。

法則そのⅡ、メインよりサブの方が魚が長生き

先生、ReViveはネオベネにも効くのでしょうか?

http://www.bluereefaquarium.co.uk/news-from-newquay/coral-worm.htm
こんなのが水槽に進入する可能性があると考えると背筋が寒くなりますね
うーん、自分もReViveしてみようかなぁ

ところでウミケムシで検索していたらこんな記事を見つけました
http://www.chunichi.co.jp/article/technology/science/CK2009033102000145.html
意外なところで毒も有効活用されましたね

>ラス
テッポエビにも襲われるのですか!意外と入れられる水槽が限られてきますね…

LPS喰らうもの

♪ベルさん

>先生、ReViveはネオベネにも効くのでしょうか?

先生はいりませんよ。
でもその気持ちは大切だと思います。
アクアリストの条件に書きますが、自分以外のアクアリストを先生と思うのは重要だと思います。
ホビーレベルで楽しんでいることなで、自分の水槽でできることは限られています。他のアクアリストから学ぶことはたくさんあるでしょう。

http://www.bluereefaquarium.co.uk/news-from-newquay/coral-worm.htm

同じタイプだと思うのですが、関西在住Y氏の水槽で20cm以上の巨大なゴカイの仲間が出現して、夜な夜なLPSを食べたそうです。私もこのような話を初めて聞いたときは驚きました。うちでは10cm止まりの種ばかりです。もちろん小型種でも腐ったLPSは食べますが、新鮮なLPSを食べるのは知りませんでした。

>意外なところで毒も有効活用されましたね

毒は少量だと薬になりますからね。

>テッポエビにも襲われるのですか!意外と入れられる水槽が限られてきますね…

スノーフレークシェリンプと、カリブの子はやりました。普段は襲わないようですが…2週間も留守にするとご飯に見えるのか…不思議と細い魚が消えます。

ネオベネ

肝心なことを書き忘れてました。

ReViveはネオベネにも効果あると思いますが、薬浴なので本水槽には使えません。やはり、ネオベネ対策には淡水浴が一番だと思います。

それではvedaとお呼びしましょうか?

>自分の水槽でできることは限られています。他のアクアリストから学ぶことはたくさんあるでしょう。
今は便利な時代になりましたよね
ネットで調べると色々な方の飼育を見ることが出来ますから
先人たちの膨大なトライル&エラーのお陰で今のアクアは成り立っているとつくづく思い知らされます

>ReViveはネオベネにも効果あると思いますが、薬浴なので本水槽には使えません。
淡水浴代わりの検疫用途には良さそうですね
昔は必ず淡水浴していたのですが、最近はトリコに掛かりやすそうな魚以外、水合わせしてポチャンが多いです

>うちでは10cm止まりの種ばかりです
家のはもっと小さくて3センチ以上育たないヤツを旧水槽から持ち込んだ筈なのですが…
水槽の環境が良いのか、スクスク育ってしまったようです(苦笑

>テッポウエビとラス
クリーナーラスと共存させるにはランドールズ辺りまでが無難な選択でしょうか?

Lockon Stratosが好きです。世界の変革に成功した暁には自らも裁きを受ける覚悟を持っているという設定だそうです…。

ベルさん♪

共生系のテッポウエビが無難です。できればランドールのような小型種が良いですね。
ペア飼育はより良いです。
でも大型種って魅力的なのですよね…2年たつと巨大化して持て余しますが…。
夜な夜なパチパチ鳴っているし…。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。