--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-05-23

悪魔 が 目覚める 日

人間のエゴとは尽きぬものである…
それは底知れぬ沼のようなもの…
数多き心を巻き込んでいる。

新たなものを求めるのは人間の特権だ。
それが古きもののリフレインでも…
それに気付かないもの…
単に変化を嫌う者もいる…

理由はある。
だが、多くは迷いつづけている。

碧き魔女の言葉


Ecosystem 全体像
Eco System改 上部設置タイプ ブルーハーバー作
Ecosystem  0 day
システムの肝
Ecosystem seawead
海藻入れてみた。


ここ何年かで日本に入ってきたシステムは十分に実績を積んだものしかないと断言してもよいでしょう。

現に…や…は輸入はおろか、名前さえ日本のネット界で見ません。
(一応検索上確認できませんでした。ので自分で試そうか…と思案中だったが、結局ZEOvitで立ち上げ)

ここ数年、日本紹介されたシステムではZEOvitシステム、EcoSystemが雑誌上に登場しています。

ZEOvitシステムやEcoSystemなど1990年代に芽が出たシステムが完成系に近づき、日本のアクアリストにも見せられる形となり、日本に代理店ができたというのが流れでしょう。

KZ社のZEOvitシステムは10年近く前から運用され、現在でもそのまま維持飼育されている水槽があります。

EcoSystemも2004年の報告でもマイク・パレッタの7年、そしてマーク・シルバーマン5年、維持という記録があります。

これは当時オールドタンクシンドロームに悩まされるDSBなどのナチュラルシステム維持者にとっては驚くべきことであったでしょう。もちろんベテランのアクアリストは独自の方法でオールドタンクシンドロームを回避するが、私を含め多くの場合はリセットでろ材、ライブロック交換という方法をとらざろうえなか
ったのです。

日本式ベルリンがあるようにベルリン自体が再定義されたが、これが広く広まることはなく、初期の定義が主流をしめた。そのため、ベルリンでもアクアリスト毎に手法が異なることもしばしありました。

日本の場合はウェットシステムやドライシステム自体のノウハウと、ベルリン以降のノウハウの混乱がベルリンという定義を曖昧化しました。その反面、多くの進化をシステムにもたらし、日本独自とも言えるすばらしい日本式ベルリンを生み出しました。

日本式ベルリンを真似ようと日本語のSITEを翻訳したり、日本の灯具を輸入して使用している欧米のアクアリストも多くいます。

EcoSystemは小型水槽(Eco mini)から大型水槽(2000Lオーバー水槽)までの実施例があり、幅広いアクアリストの要求を満たしてくれるものとなっています。このシステムの心臓であるMiracle Mudもマイナーチェンジを繰り返し、今に至っています。

EcoSystemにも欠点はあります。が、パレッタは利点の方が多く、使い続けてます。

新しいシステムが批判されるのは世の常ですが、意外にもこの欠点を指摘されることはないので、日本のアクアリストにとっては大した欠点ではないのかもしれません。実際、私もパレッタもこの点は大したことはないと思っていますので。

同じシステムを運用すると言っても諸設定に独自の工夫をしたくなるというのがアクアリストというものです。

たとえば、パレッタはサンプの最初の区画にはサランラップをして、極力外気にふれないようにし、藻が育つための二酸化炭素拡散を防ぎます。サンプ内の水流は水槽に対して1時間あたり5ー10回転にし、足りなければPHをeco層内に設置します。これは海藻に水内の栄養塩を消費してもらうためです。この水流の強さは育つ海藻の種に影響を与えますので適切な海藻種を選択せねばなりません。

逆に私は、リフュジューム、隔離相という考えを重視し、極力回転は押さえています。

これは飼育者がどういう考えで、このEcoSystemを運用するかによりますので、正解はないと言えるでしょう。

サンプ、つまりeco層を本当に生態系として考えれば、パレッタの考えが見えるはずです。

単にリフュジュームと考えると大きくここに誤解を産んでしまいますし。良い結果は得られません。

というわけで、回転あげるためにポンプアップしました。
たぶん、これで藻地獄から解放される気がします…

旧循環ポンプ
204L/hr
新循環ポンプ
660L/hr

参考文献)

Paletta, M. The Ecosystem Filtration Method After 7 years. Coral, 1 (3), 2004,
スポンサーサイト
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。