--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010-01-31

ジュエルモレイ

Muraena lentiginosa
Muraena lentiginosa
Muraena lentiginosa
Muraena lentiginosa
Muraena lentiginosa

学名: Muraena lentiginosa Jenyns, 1842
和名: なし
英名: Jewel moray
画像個体全長:25cm
東部太平洋に分布。
大阪府のやどかり屋から入手

東部太平洋に分布する トラウツボ属。
通常はコスタリカから稀に輸入される。
小型種で最長60cm。通常は35cm程度で止まる。
成長するにつれ模様は変化する。

浅瀬に生息する。地を這うように移動し、穴にはあまりとどまらない。
基本的に甲殻類と魚食。
身体に対して頭部が大きいです。
顎が上下に動くのは呼吸のため。
複数飼育不可。
できれば他のウツボとも混泳は避けた方がよい。

飼育、餌付けは容易。
ウツボの中では最も飼育が容易な種。

しかしながら大型魚との混泳は注意。
意外にも神経が細く、自分がボスでないと拒食に陥る。
つまり急に餌を食べなくなった場合は隠れ家増やしたり、大型な個体を除くなどの配慮が必要です。

うちのにょろ水槽のボス。
クリルを口に咥えたヒメウツボを丸ごと飲み込むのが得意。
芥川龍之介の生まれ変わりなのでしょうか…

二人きりでいつまでもいつまでも話していたい気がするにょろ
そうしてkissしてもいいにょろ
いやならばよすにょろ
この頃ボクはヒメちゃんがお菓子なら頭から食べてしまいたい位可愛いい気がするにょろ

by 芥川にょろ之介
スポンサーサイト
2010-01-23

サンゴウツボの仲間

Gymnothorax buroensis?
Gymnothorax buroensis?
Gymnothorax buroensis?
学名:Gymnothorax buroensis (Bleeker, 1857)?
和名:サンゴウツボの近似種
英名:なし。サンゴウツボならばヴェイグラントモレイ。
販売名:ウツボ sp.
画像個体全長:12cm
インド洋・西部太平洋に広く分布。
B-BOXから入手。


サンゴウツボに並んで販売されていた小さなウツボ。
サンゴウツボよりも淡い色。
そして口がやや長いところから別種の可能性もある。

やや凶暴で、指を近づけただけで怒り、口を大きくあけて威嚇する。
サンゴウツボなら成長しても35cmの小型種。

クリルを食べる。

2010-01-09

攻めて 受けて ともに BL編

蒼いSPS”Acropora sp.”を飼育するアクアリスト、サンタマルタエイジさんが、
“僕の名はサンタ・マルタ・エイジ…電気代は今、狙われている!!”

…とアクアリストに警告したかどうかは未確認です。

しかしながらエイジさんは西方独立自治領より蒼い光を導いてくれました。

機械的な黒光…
華のつぼみのような曲線美…
7つの高性能LED球を収納した穴…

男と男の知恵と努力の結晶が奇跡を生んだ…

少年の夢は長き刻を経て今、現実に…


LeDio7 UVブレンド

ついにアクアリストの夢を実現したUltra-violenceことUVのLEDです。
その破壊力はアクアLED史上最強を誇るほど…



…ではなくてUVは
Ultra-violetの略だそうです。

ボルクスジャパンさんのGrassyLeDio7 ディープブルーUVモデルのサンプル品です。
外装が従来のUVなしモデルとは違い、小さく、軽量化、そして横漏れがなくなったのがとても好感持てます。

まず確認として15cmの距離から…直視…世界が黄色くなりました…。
注:良い子は真似しないように…前回は別のLEDで食べたもの全て吐き、床を這いずりまわりましたから…。

水槽のサンゴを照らすと…なんとも摩訶不思議な色合いに。
流石UV-Aです。
蛍光色素が反応してサンゴテカテカ。
色のなかったところまで不思議な色合いになります。

サンゴの色という面では1位につけても良いというほどの照明と言っても過言ではありません。
今回はサンプル品なので、正式販売時にはまた改良されそうです。

まさにナイトメアフレームですね。
…数話で新型照明が出るから名前憶えられない状態。

アクア照明開発史を紐解くと、
第一世代が不安定な太陽光
第二世代が成長の水銀灯
第三世代が低価格の蛍光灯
第四世代が色揚げのメタルハロゲンランプ
第五世代が効率のハイパワーLED

という感じですね。
原作と同じく第二世代が一番不遇です。
第七世代についてもだにさんと色々話していますが、楽しみでついついワラワラします。


Blue wave on roof
水面に反射して、天井には波模様が…
メタハラよりもエロイ

このLEDのおかげでベッドルームにひとつ水槽を置きたくなりますね。

エイジさんはいつもこれを見てハァハァしているのでしょうか…

さて妻帯…ではなくて生体について。

まずはカクオオトゲのパープル。
Acanthastrea lordhowensis Purple Spilits UV LED
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis Purple Spilits BB450
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射
GrassyLeDio7 ディープブルーUVモデルでは内側の蛍光グリーンが濃く見えるようになりました。

次もパープル。
Acanthastrea lordhowensis Triple UV LED
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis Triple BB450
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射
BB450ではパープルというより…茶色…。

レッド系、いろいろ。
Acanthastrea lordhowensis Group UV LED
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis Group BB450
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射

オレンジ&グリーン
Acanthastrea lordhowensis Orange & Green UV LED
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis Orange & Green BB450
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射
GrassyLeDio7 ディープブルーUVモデルではシアンの蛍光色が映えます。実際に、飼育下ではさらにシアンの色素が強くなります。

変わった模様のグリーン。実はセンターはイエロー。
Acanthastrea lordhowensis Green Tiger UV LED
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis Green Tiger BB450
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射
UVの方がグリーンとイエロー系グリーンとの違いがはっきりと出ます。
BB450では同一系のグリーンに見え、複雑な色彩を楽しめません。

うまく画像にはでませんが、実はこれグリーン&イエロー。入手時はほとんどグリーンでしたが、3W球のLEDで色揚げしたものです。イエローの面積が増えました。2番目にお気に入りのカクオオトゲです
LEDで色揚げが可能な一例。
Acanthastrea lordhowensis yellow wall w UV
GrassyLeDio7 UVブレンドモデル照射
Acanthastrea lordhowensis yellow wall w/o UV
興和システムサービス蛍光ランプBB450照射
明るさが違うので、単純に比較はできませんが、LPSの蛍光色は強くでます。また、そのためか、明暗がはっきりします。手ぶれも少なくなります。

よくよく見比べるとわかるのですが、LEDの方が色数が多いのがわかります。
蛍光色を発し、シフトしているので、より複雑な色彩になります。
それが一番顕著なのが下記のカクオオトゲ。
グリーンやイエローなど波長が短い系の色にはかなり効果があると思えます。

参考までに下記が水槽内でのこのカクオオトゲ。
Acanthastrea lordhowensis yellow wall in aquarium

黄色カクオオトゲなのかわかると思います。これはブルーのLEDで色揚げしました。LEDで色揚げは可能です。

今回はカクオオトゲキクメイシ水槽でこのGrassyLeDio7 UVブレンドモデルを使用しています。
さて、どのような色変化が見られるか楽しみにょろ。

褐虫藻がUV-Aを光合成に利用することは古くから確認されています。また、褐虫藻が320nmの波長を吸収することもわかっています。

ただし、サンゴの種類によってはUVが光合成を阻害することが確認されています。サンゴは360から380nmを利用するという文献もあります。しかしながら、UVが強すぎたり、照射時間が長いとサンゴに害を及ぼします。そこでまずは1時間/日を2週間つづけ、様子を見て、UVで問題がおきないことを確認してから、その後に3時間/日を照射時間としました。

UVが強すぎる場合は、サンゴの白化、異常なミューカス生産が見られます。
そういう場合は、距離を離すなり、照明時間を短くするべきでしょう。

コモンサンゴの一種、Montipora capitataキャピタタの実験では、たしかに光合成の光化学系Ⅱ阻害が確認されました。
これはUV-B、もしくは過剰なUV-Aと共にダメージを受けれている可能性があります。

Riddelの実験では4時間UVを照射しただけで、キャピタタの光合成効率は半分近くまで落ちたそうです。なおこの実験でのUV量はUV-Aが1150μWcm2。UV-Bが145μWcm2だそうです。

また、3ヶ月間 Porites astreoides (カリブのハマサンゴ)を飼育した結果、ハマサンゴはUV環境に適応できず、適応しているサンゴに比べて成長は遅かったという研究データをRiddleは引用しています。

ややこしいのが褐虫藻のクレードによってUV防御能を持つものと持たないものがいるということです。

Myfcodporine-like Amino Acid (MAA)がUVから褐虫藻を守ってくれますが、キャピタタは生息場所によりMAAを持たない場合があります。これは褐虫藻のクレードの違いによるものと推測されます。浅い場所の個体にはMAAがあり、やや深い場所の個体にはないのでしょう。

このことから、いくつかのSPSはUVに適応するのは難しいという結論をRiddleは出しています。

過剰なUVは水深やフィルターで落とすことができます。

水深40cmでUV-Aは34%まで落ち、UV-Bは29%まで落ちるそうです。
これは綺麗な人工海水での測定であり、水中の有機物が多い黄の水ですと、UV-Aは29%。UV-Bは22%まで落ちるそうです。

アクリルでも390nm以下の光を大幅に吸収します。そのかわり照度は落ちますが…。

光に関しては、ベルリン以前より、そして今も多くのアクアリストが拘る部分であります。
システム論、スキマー、人工海水、餌よりも、照明に関しては持論を展開するアクアリストが多いと思います。

雑誌を見る限り、SPS飼育主体となった日本のマリンアクア界ではメタルハライドが必然的に主役となります。

特に灯具としてはMT-250やMTー150が秀でており、球としては特殊なレンズを用いたスーパークール115が日本のアクア界を支えました。この2種はここ数年に出てきたものではありません。が、現役でも最高峰と言える照明です。

ここ数年の動きとしては高性能というよりも、より安価にという感じで、格安のメタルハライドの灯具が各メーカーから販売されています。やはり灯具の反射版などを見てみると、値段相応というところです。

LEDは飛び出し防止のために、常夜灯として使われてる程度だったのですが、熱いハイパワーLEDの登場でいつのまにか昼間に使う照明と生まれ変わりました。

2010年。
最高の照明はどれですか…という結論がより出にくくなりました。

各メーカー。
とりあえず球の販売は続けて欲しいです。
なにせ、球が入手不可能になって死んでいる灯具ほどむなしいものはないにょろ。

参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005,
Riddle, D. Playing with Poison - Ultraviolet Radiation, Advanced Aquarist's Online Magazine, 8, 2004,
エイジさん
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。