--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-07-31

ガンジスクロウツボ

ガンジス クロ ウツボ 01
学名:不明
和名:不明
英名:不明
販売名:ガンジスクロウツボ
画像個体全長:40cm
インドのガンジス川に分布?
兵庫県のAquanAから入手。


中型種。
通常入荷するインド淡水ウツボとは別種。
インドのガンジス川下流で採集されたと推測される。
淡水ウツボにしては比重はやや高め、1.010以上で飼育した方が良いと思われる。餌は死んだ魚とのこと。

ウツボだが、外見はややアナゴのような雰囲気を持つ。
全身黒だが、側線が白く特徴的。
顔をはとがっているタイプのため、性格はおとなしめであろう。

特殊な領域に生息するため同居魚の選定には苦労する。

顔の模様。顎にある白斑からはホシキカイウツボUropterygius macrocephalusに似るが、全体的な印象はコゲウツボにも似る。
…が鰭の形状はキカイウツボ属ではない。
ガンジス クロ ウツボ 04

一番悩むのが目立つ側線。
これに該当する種を知らない。
P. Purser著Keeping Moray Eels in Aquariumsの71ページの写真が同じ種に見えるが解説はない。純海水種の可能性もあり。

ガンジス クロ ウツボ 03

ガンジス クロ ウツボ 02

リミックス名東店に2009年7月に入荷したのもたぶん同種にょろ。

飼育情報及び個体は兵庫のAquanAより提供していただきました。貴重な飼育情報感謝します。
スポンサーサイト
2009-07-18

プランクトン 対 ベントス

昨日の金曜日にこんなものが!

シュリンプ 01

どこからの荷物なのか判ったあなたは、シュリンプさんのお客ですね!

シュリンプ 02

メインとECO槽に半袋づつです^^

最近、ちょっと買いすぎ???
比較的安いものばかりなんですけどね!

エイジさんの真似してみました。(文章はケントパパの真似ですが)

まずは、メインの藻掃除です。

シュリンプ 04

ベントス(商品名付着性プランクトン)。

水槽立ち上げ時に、海藻と一緒にもらったやん!!と思われるかもしれません。





そうなんです、もういないんです。
飛んだ形跡も亡骸もないんですけどね・・・海藻ごとすべて溶けました。

もう☆やなぁ~と思っていたところ、エイジさんのブログを見て注文したのが
ベントス。
エメラルドクラブやグリーンアワビなんか好きなんで、もっと原始的なこいつも好きなんですよね!
それにベントスって名前も良い!(笑)

隔離せずに水槽に!
水槽で泳ぐ姿に綺麗~~~と思わず^^
ベントスはやっぱ良いです^^
餌にフレークばら撒くと食べにくるんですが、遠くの餌よりも近くの餌に!!
賢いなぁ。(偶然フレークに乗っただけど…)

では、サブの子です。
こいつもかわいいよね~
浮遊性プランクトン。

シュリンプ 03

寿命が短いから買うまでに至らなかったのですが
今回はベントス
と同封出来るのと、ECO槽はにょろの飛び出し防止をしてる!から飛び出しは防げる!と思ったから!!

照明嫌いな生体をECO槽ではどうかと思うけどね!

こいつは、ECO槽に入れて観察してから水槽に放してやろうと思い
ECO槽の先住人黒にょろと入れ替えようとすると
黒にょろがいない。
キョロ(・_・ )( ・_・)キョロ
ヒメウツボの胃の中でにょろってました^^
喰われているとは・・・

ベントスは、砂の上をピョンピョンして元気元気です。
行動が面白い^^
もっと早く買えば良かったよ~。

本文はケントパパの許諾を得て作成しました。文責はすべてTetsuoにあります。

ナチュラルシステム系につきものなのはこのベントス。
一時期ヒラムシの大発生と同時に、SPSとベントスの大部分を失ったのです。
一見ベントス食のヒラムシかと思ったのですが、同時期にSPSの崩壊が始まり、リバイブ浴、ヨウ素浴、過酸化水素浴と毎日白化と戦った今年の春。途中で忍耐が切れて、ほとんどのSPSをベランダで日光浴。
初見の重装甲型ワームなんてのもミドリイシの根元にいて酷い状態でした。
茶色で購入したSPSが淡い色やピンク色に変わってきれいだったのですが…もったいない。

激戦から数ヶ月。戦いつかれた私を癒してもらうためにベントスの投入となりました。このほにょほにょ動く様子は心癒されます…。

藻掃除で役立つのがLPSです。

オオタバ 02
オオタバサンゴが藻類を食べている貴重な画像。(右の個体)
オオタバ 01
オオタバサンゴが藻類をそばのようにすすっている貴重な画像。(左の個体)
うそにょろ…たまたま藻掃除したときにオオタバにひっかかっただけで、反射的に食されているだけにょろ。

ルルーシュにはナナリーとするならば、
Tetsuoにはベントスということです。

ありがとう、愛してる、ベントス…

参考文献)
a part of sea
1.023world
2009-07-17

ウツボ不明種2 入荷情報

今月はかわったにょろの入荷があったにょろ。

にょろ sp23


にょろ sp22

大阪のブルーハーバーにはハワイ便。
30cm未満の小さな瞳のかわいい珍ウツボが入荷していました。
全身真っ黒。キカイウツボかと思ったら鰭がちがいます。
しかし、ヤミウツボ(Gymnothorax monochrous)はハワイにいないし
他の黒系ウツボ(G. polyspondylus, G. pindae)とは形状と模様が違う。
…該当種なし。

おもしろいけど…値段高い…同じハワイ便で、水深60mのところで採集されるヒメウツボの数倍。
外見からするに初入荷、未記載種の可能性大。
深場の珍種?

その便で一緒にきたのは
オレンジマージンドバタフライ。
Roa Excelsa。

もしかして…
水深100mオーバーで採集個体?

ほぼ同じころ。
東海のリミックス名東店にはインドより、
黒い謎の淡水ウツボが来ました。
その名はガンジスクロウツボ
そのままだ…。
全長35cm。(らしい)
こちらはキカイウツボの仲間のようです。
初入荷、未記載種でしょうね。

黒いウツボ。
黒いウツボ。

まさにブラックリベリオン

ともに小さな個体なので、しばらくは30cm水槽でも飼育可能でしょう。
この珍ウツボを入手した幸運なアクアリストは大切に飼育して欲しいにょろ。
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。