--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-05-13

ヘキメン 攻防戦

やめろ!
そいつは俺の…俺の…石灰藻。
答えろ!
なぜ俺の石灰藻を掃除する?
…えっDelbeek氏が汚いと言っていた。
…俺を哀れんだのか!?
そんな顔で掃除するな!
最後くらい笑って掃除しろ!
必ず俺が笑わせてやる!
だから!!


LED溶けた
色揚げのため、側面より赤色のLEDをあてる…一晩でその部位だけ腐る。涙。
桜満開!!
餌くれ!!餌!!


水槽の壁面が紅色の石灰藻に覆われると水槽が調子良いと思うのがナチュラリストの証です。

が、先日Delbeek氏が一般的な考えと異なる意見を記事にしました。

15年以上前、ナチュラルシステムが普及しはじめたとき時代。ピンク色の石灰藻が水槽内で増殖しはじめたら、水質は良いという判断基準にされました。石灰藻はそれなりの照度がある照明下であり、KHとカルシウム濃度が高ければ増殖します。当時はSPS飼育には強照明、KH11前後、425ppm以上のカルシウム濃度といわれていましたので、たしかに石灰藻が栄える条件と重なっています。

注;数値は記憶なので間違いがあるかもしれません。

ところが、この石灰藻。
除去が大変なのです。
ガラス水槽を使用していたときはカミソリの刃で削り落としていました。PHを覆う石灰藻はPHを丸ごとクエン酸液につけていました。

時代は変り、今のインテリア性重視の水景では、この石灰藻は嫌われもの。
水槽の壁面を汚染していく藻にすぎませんから。

KHも今は6-8なんて値がZEOvitシステムでは推奨されています。

これは好みの話でもありますが。
石灰藻がうんたらと語るのはナチュラリストと言えるでしょう。

ここ数年の傾向でも底砂、ライブロックなしの水槽も多く見ます。ミドリイシをはじめとするSPS主体でカルシウムリアクターが設置されているのならば、LPSやソフトコーラル飼育時代の考え方にとらわれる必然性はないかもしれません。

参考文献)
Coral Magazine, March/April issue, 2009
glassbox-design.com
http://glassbox-design.com/2009/march-april-coral-charles-delbeek-speaks-the-truth/
スポンサーサイト
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。