--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2009-03-29

リバイブ

サンゴにはこのような生物はつきものだと…
だとしても
お前の存在は俺が否定する。
消えろ!!


ReVive

サンゴやライブロックを買うときに気にする人は気にするのが、いっしょについてくるおまけ。

これを楽しんで飼育しているアクアリストは多くいます。が、中には毛嫌いしているアクアリストもいます。たしかに一部の貝、ヒラムシはサンゴを食害します。かくいう私も昨年、Xeovit水槽のすべてのソフトコーラルを貝に食べられてしまいました。でそちらの水槽は放置状態。やる気なくします。今はハナダイ水槽となっているにょろ。

さて、リーフタンクということでジュリアンのReViveを試しています。サンゴの洗浄液ということです。類似のものがありますが、そちらはヨウ素系の成分の液。これは植物抽出物が原料というのが変わっています。バケツに海水1Lにこれを1キャップ入れ、エアレーションをします。そこにサンゴを5分くらい浸けます。SPSなど敏感なものは濃度を薄めて、15分くらいつけるとよさそうです。弱い深場系ミドリイシは特に注意すべきとEricは報告しています。

ヒモムシ
ヒラムシ

これはReVive薬浴でLPSから出てきたヒラムシとヒモムシです。
まぁ、外見的には好かれそうもありませんね。

問題点としてはカニなどの甲殻類も死んでしまうこと。せっかくミドリイシについてくるサンゴガニは生かしておきたいものです。

the Reef Aquarium vol.3の654、655ページでは、ジュリアンが植物エキスの製品で菌に汚染されたオオタバサンゴを3分間薬浴治療し、完治させています。

ReViveでも同様な治療が可能と推測します。
ブラウンジェリーには効果がありませんでした。
ので…ちょっと濃度を濃くして次回は検討してみます。

魚のトリートメントに使えるかも未検討ですが、大型の寄生種には効果あると思います。

今後いろいろな使い方ができそうな一品にょろ。

参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005.
Glassbox-design.com
スポンサーサイト
2009-03-08

Vodkaの軌跡

こちらは硝酸とリン酸を下げる。
へぇ?リン酸、下げるのか?
みんな好きだろ。藻類駆除が…


Vodka methodで有名なのはマイク・パレットでしょう。
彼が全米各地の講演でVodka methodをアクアリストの間に広めたと言っても過言でもありません。
彼の講演を聞いたアクアリストがネットで彼の講演を書き込み、それを見たアクアリストが自分の水槽でも行い、その結果をまたネットに書き込み実施者を増やしました。

このように水槽でのデータは多いVodka methodです。

水素供与体を水に馴染みやすく、また水素が使いやすいエタノールを選択します。簡単に入手でき、不純物が含まれていないエタノールということでVodkaが米国では使われています。また、添加物が含まれている高級なVodkaではなく、安価な添加剤の含まれていないVodkaが推奨されています。

嫌気槽に水素供与体を添加して、バクテリアの力により脱窒するのとは機序が違い、水槽に直接添加し、浮遊性のバクテリアなどを増やし、プロテインスキマーで水槽内からバクテリアなどと共に硝酸・リン酸除去することから全く別の考え方が基本となっています。似ていますが、前者は嫌気槽の必要性、後者はプロテインスキマーの必要性があることから、別のシステムと考えるべきです。

徹底的なデータ取りをしたのはMichael MrutzekとJorg Kokottであり、2004年に発表したものが、このシステムの基礎データとなっています。いろいろな水槽での結果を元に、Vodkaを5‐10mL/1000L/日の添加するというのがVodka methodの一般的な添加量と考えます。the Reef Aquariumも、マイクもこの濃度を一例としてあげています。

M.Mrutzekらの報以降、多くのアクアリストにより、導入されたVodka methodですが、硝酸・リン酸除去という手段だけがとりあげられるだけではなく、本来の目的であるサンゴの変化に関する点が取り上げられていることに素晴らしいです。

Vodkaの利点のひとつとして、ソフトコーラルのポリプが開くということが報告されています。ポリプについては、一部のLPSでも確認できます。これはエタノールを餌と認識したサンゴがポリプを延ばすからという仮説をジュリアンはあげています。

この流れはマリンアクアリウムだけではありません。
2005年以降、E.U.では淡水水槽にプロテインスキマーを設置してVodka methodが有効であることが確認されています。

シライトイソギンチャク xeovit 完了01
Xeovit開始後のパープルのシライトイソギンチャク。ほぼ巨大なピンクチップ。同じ系だったのですね。涙

参考文献)
Delbeek, J.C.; Sprung, J. The Reef Aquarium Vol.3, Two little fishies, Inc., 2005.
Endo, K. Macna XIX & American Aqua Journey. Marine Aquarist 46, Winter:54-65, MPJ, 2008.
最新コメント
プロフィール

Tetsuo☆キラリ♪

Author:Tetsuo☆キラリ♪
♪♪♪♪♪♪♪♪
マリンアクアリストにょろ。
最近はジョジョにょろ。
スタンド占いはメタリカです。鉄分を遠隔操作できるスタンドです。本体は暗殺団のリーダー、リゾット・ネエロです。反骨精神豊富にょろ。
「ついに…オレ…は…つか…んだ。システムの正体を…」


※記事・画像の無断転載禁止。

“なんもない”と“いないばぁ”は一青窈の唄名ということ以外、一切関係ありません。

最新記事
カテゴリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。